マーケティング 未分類

フランチャイズと個人経営

投稿日:

ネイルサロン経営の場合個人でやる場合と大手フランチャイズ傘下に入って行う場合があります。

両方とも良い所と悪い所があります。

フランチャイズの場合は大手のネームバリューがありお客様の信頼をすぐ得られます。

最初不安な方はフランチャイズがオススメですが何社か話を聞いたり調べたりしましたが初期投資が高い所が多いです。ネットで簡単に調べる事もできます。”ネイル フランチャイズ”と打ち込めば何社かすぐに出て来るので実際みて見て下さい。

大体相場は300万〜500万程度。

加盟店料は別に20万〜100万

その中で企業が出している収益シュミレーションがあります。その一例でdすが

【240万の売上の内訳】

家賃 35万

人件費 85万

商材費 20万

ロイヤリティー 5万

広告宣伝費 5万

雑費 10万

光熱費 10万

計170万

となっています。ちなみに利益が70万ですね。僕がここで高いと思ったのは家賃です。

フランチャイズ展開している場合はほとんどどこも立地がよく路面店や商業施設の中だったりが多いので家賃が高いです。

ですので単純に毎月の経費もかかります。

ここはオーナーさんの捉え方次第ですね。

余計ですがロイヤリティーを取る所がほとんどないこともしくは少ないことです。

ではどこで儲けてるかといいますと開業する際の加盟料や開業資金の中に多少利益を組み込んでいると思われます。

店舗を広げる事によりそのフランチャイズ店の名前が有名になり宣伝費をおさえるこおtが目的でやられてる場合が多いようです。

ネイルサロンの絶対的なノウハウがあまりないのでロイヤリティーでしっかりと儲けようとするのは難しいようです。

次回は個人経営の場合のメリット、デメリットを書いて行きたいとおもいます。

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.