知識集

  • 求人についてetc2013.04.04

    ネイリストが中々集まらず、店をオープンしても安定しない場合、店にスペースがあればスクールとして育生しネイリストにしていく方法があります。

    ただこれは先生となれるネイルストがいればの話ですが教える事が出来る方がいて店にスペースがあれば結構オススメです。先生未経験でもいいですし認定講師などもいれる必要はないと思います。

    ちゃんと教える事で現場でお客様に入れるようになればいいのです

    別にこれで生計を立てていくのではないので準備をしておいてネイリストになりたい方がいた時にやってもいいのです。

    お客様が中々入らない時間帯にスクールをやったり生徒さんが慣れてきたらオフなどをやってもらってもいいわけです。スクール業がメインではないので他のスクールに比べておもっきり価格を落とせば生徒さんは来る可能制はおおいにあります。

    そこで大手ネイルスクールがまとめた読者アンケートがありますのでご参考までに・・・

    ・ネイリストになりたい職業・・1位会社員 2位アルバイト 3位主婦

    ・平均年齢・・・・・・・・・・・・・・・1位10代  2位25~29歳 3位20~24歳

    ・通う時期・・・・・・・・・・・・・・・・1位まだ不明 2位半年以内 3位今すぐ

    ・学目的・・・・・・・・・・・・・・・・・1位就職   2位独立    3位資格所得

    となっております

    うちのサロンでもあったのですがOLだったお客様から当店ネイリストになられたお客様もいます。意外なところからくる可能性も結構あります

    次回は読者が選ぶスクール選びについて書いていきたいと思います

     

     

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。