オーナーについて 未分類

オープン時のオーナーのスタンス

投稿日:

新規オープンをしサロンが起動にのる店舗のらない店舗色々とありますが
ポイントは始めの3ヶ月。
しっかりオーナーが指導権をとりお店を運営する必要があります。
ただここで多いのが特に男性ですと何もわからないので全てを店長に託してしまったり
逆に威張ってしまうパターンも多いです。
女性ですとなめられてはいけないと思いながら頑張ってしまう事もよく聞きます。
(もちろんなめられてはいけないのですが・・・)
では上手くいく場合のサロンはどのようなサロンか?

 

実はサロンをオープンする前にこのような形態で(オーナー不在)上手くいっている
サロンオーナーさん達に聞ける事があったので色々と聞いた事があります。
そこで多かったのが当初誰よりも雑務をやったオーナーさんが多かった事です。

 

例えば
電話対応や店内の掃除、誰よりも一番早く店にきて準備をしていたり
場合によってはお客様にマッサージや、オフを覚えてオフに入ったり・・・
もちろんネイリストではないので出来る事を最大限やる事です。

中にはネイリストがあまり動いてくれず掃除もせずさっさと帰ってしまうケースも多々あった
ようですがまずは自分が行動して見せる。
これを徹底しそれを見て現場が変わったと言っていたサロンさんもありました。
例えば男性も毎回差し入れを持っていくなどの気配りや掃除ならできます。

 

このようにまずは軌道にのるまでは出来る事をオーナーが誰よりも頑張る。
と言ったオーナーさんが多かったです。
後大切なのはなめられないように!!と思いながらではなく

あくまでもこの店は自分の店。

だから出来る事は自分が一番する。

そしてスタッフにはずっとこの店にいてもらえるように何が出来るかを考える。
というスタンスが大切のようです。

 

ある意味このスタンスが明確なら現場も理解するはずです。

一番多いのは全てを現場、特に店長に押し付けてオーナー気取りしている状態ですと
必ずといっていいほどもめる事が多いです。

 
もちろん3ヶ月くらい経ちサロンの体制が整い現場とコミュニケーションがとれていれば
オーナーがいなくても回るように
なると思いますのでたまに行くくらいでいいと思います。
まずは地盤を作るためにオーナーとして何をするのか?
そしてその行動・気持ちがどこからくるのか?
が大切になると思います。

 

本日も最後までありがとうございました。

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.