オーナーについて 未分類

オーナーのすすめ

投稿日:

ネイルサロンの大半は個人店オーナーさんがまだまだ多いと思います。
もちろんそれも悪くないと思いますが
その技術やスキルをスタッフを雇いネイルサロンを広げる必要もあると思います
最近皆様のおかげで沢山の方からご連絡をいただいてますが、ネイリストからもいただけるように
なってきました
今マイネイルをみても友人のサロンを見ても一番動いていて仕事が出来るのはやはり現場にいるスタッフです。
これはオーナーの立場からしても本当にそう感じます。

 

接客も含め技術もそう、オーナーよりはるかに大変な仕事をしていると思います。
個人店でやっているオーナーさんはもっと大変だと思います。
全て1人でやるわけですから。

 

ただもし体調を壊した時や何かあった時全てがストップしてしまいます。

 

せっかくある技術もそれ以上いかせなくなる場合もあります。
僕の友人で認定講師で本当に技術が優れているネイリストがいますが出産と同時にネイリストを辞めました

また復帰したいようですが子供がまだ小さいため1日中働く事が基本的に出来ないとの事でした
でも彼女はやれるものならネイリストを続けていきたいといってました。
このようなケースは普通にあると思います。
これがもしオーナーとして自分の店をもちスタッフを雇っていたら自分のペースで店に立ちネイルができるわけですし、その技術を教える事により業界のレベルアップにもつながります。

 

だから総合的にみても僕はオーナーとして店を持ちスタッフを雇う
メリットがあると思っています。
もちろん簡単な事ではありませんがネイルが好きな方こそ是非挑戦して欲しいと思います。

 

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.