収支関連 未分類

ネイルサロン利益はここで出す

投稿日:

リアルに店舗を出していて純利をあげるためにどうするか?

ここなんですが基本何のBSでも必ずかかる経費があります。お店を持ち、人を雇う際には必ず家賃高熱費がかかります。

基本これ下げるわけにはいきません。それどころか家賃も下げる事は出来ませんし、長く働いていただければその分お給料もあげていくわけですからじわりじわりと人件費も上がっていきます。

材料費も売上が上がれば多くなります。しかしだからといって粗悪なものは使えません。

ではどこか?といいますと宣伝費です。

マンションタイプのでの経営の場合宣伝方法はクーポン雑誌等でしかないのです。

ですから最初はどんどん宣伝をうっていきます。これこそ宣伝費だけで30万位でしょうか?このくらいかかります。

でもこれだけは後に下げる事ができます。

もちろん戦略は必要ですがここだけは下げても問題が起きないのです。

人件費を下げればスタッフに迷惑がかかりますし材料の質を落とせばお客様に迷惑がかかります。ですから宣伝費なんです。

でもだからといってすぐ宣伝費を削っては売上は全くあがりませんからここはしっかり計画が必要です。

この宣伝費が30万→15万にでも落とす事ができれば年間で180万変わりますから本当に大きいです。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-収支関連, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.