オーナーについて 未分類

フランチャイズでの注意点

投稿日:

フランチャイズを起こす事は非常に魅力的です。ただそれだけにリスクも多々あります。リスクというようりは抑えるところは抑えないといけないところがあります。

まずネイルサロンでしたら自分がある程度起動にのり成功したとしたらそのスキームを作りフランチャイズにしていくのですがここで注意するのはフランチャイズにならないと得られない何かがないと厳しいです。

やり方のみ教えてそこからロイヤリティーをもらい続けるの事は不可能です。

社労士にしっかり規約を作ってもらい書面を交わしてもはい独立っていうパターンはいくらでもあります。

ラーメン屋さんも非常に多ですね

最悪のパターンは自分の店の近くに店を出される事です。これで潰れた例も沢山あります。

ではネイルサロンはどうか?

正直スキームとして誰にでもマネが出来るとは思います。

そこでないといけない仕組みを作るのは正直厳しいですがネイルサロンで一番厳しいのが「ネイリスト」です。

ネイリストが誰にでも出来るような仕組みを作りフランチャイズ化になかなかならないのは誰でもがネイリストにも慣れないしもし辞めた場合の損失が大きいからです

レストランのウエイターとはいかないのです

中心のネイリストが辞めただけで潰れるサロンもありますから・・・

だからもしサロンオーナーでフランチャイズをやるなら常に安定したネイリストがいる事です。大手は基本必ずといっていい程これが必須になります。

ではこの流れについてまた書きます

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.