知識集

  • 社員教育etc2013.04.18

    僕のサロンもお陰さまで働きたいといって来て下さる方が結構います。

    本当は最初は全く人がいなくて大変だったのですが今はそこそこ連絡を頂けるようになり感謝しています。

    そこでよく言われるのが勤務時間です。

    たまに主婦の方から連絡を頂けるのですが早番ともちょっと難しい時間帯10時〜17時くらいと希望されますが、難しいです。特に個人店では。

    大きなチェーン店などでしたら例えば2時間だけの勤務などあるでしょう。それだけの席数がありますし、2時間でもいてくれたらと思うお仕事もあると思いますが、僕のサロンのような個人店ではそういう勤務帯に仕事の需要がないので働いて頂くのはかなり難しいです。

    何回かお話しているように無駄をなるべく省くのに予約の入りにくい時間帯に2人スタッフをたてる事は難しいのです。

    僕のサロンは、基本・早番・中番・遅番を交互に一日8時間勤務が基本になります。

    ただ、今ではスタッフが5名いて皆施術が十分できますので柔軟にシフトを組む事が可能になりました。

    現状のシフト

    早番 10時〜19時

    中番 11時〜20時

    遅番 12時〜21時

    夕番 16時〜21時

    こまかくするメリットはお客様からのお問い合わせが多い時間帯にピンポイントでスタッフをいれる事ができます。

    しっかり流れがわかってきてスタッフが成長すれば柔軟にシフトが組めます。いつもハードな時間を過ごしている彼女たちにはたまにある夕番が嬉しいらしいです。これも幹部が彼女達のニーズを把握していること,コミュニケーションがとれているからだと僕は思います。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。