知識集

  • 社員教育etc2013.03.07

    前回は期限を決める所までお話ししました。

    僕のサロンは店長になった時点で本気で独立したいならまず店長業務をしっかりこなすことを目指します。

    その後店長+オーナー業務に入ります。

    この時約1年後に独立という流れを作ります。

    これくらいやらないと全く経営したこともない、もしくは独立に興味がないネイリストが安定した利益を出す事は厳しいわけです。

    しかし1年くらいミッチリやれば経営ノウハウはしっかり体で覚えます。要は最後は誰のお金で会社をまわすかだけですから・・・

    僕のお金か?自分のお金か?

    ここでしっかりできればもう大丈夫です。

    意識も高くしっかり、オーナーと肩を並べて共に頑張れます。

    さあ後ここで一つ。

    独立心がない場合です。こういうタイプのスタッフは成功より「安定」がモチベーションです。

    ですから安定した環境で仕事をさせてあげることがポイントです。

    分かりやすいのが福利厚生。

    労災や雇用保険はもちろん会社が大きくなれば社会保障も必要です。

    ですからこの場合オーナーが熱く語っても結構、逆効果なの場合が多いので注意を払う必要があります。しっかり安定した職場の提供が必要になります。

    両方のタイプをしっかりフォローすることで色んな良い人材が安定して長く働いてくれる環境を作れます。

    働く目的はスタッフの自由ですからオーナーはスタッフのやる気スイッチがどこか?を見極めるのも大切です。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。