BLOG topics ネイルサロン開業について

ネイリストがサロンを経営するときの注意点

更新日:

こんにちは。

仲村和也です。

これからネイルサロンをやりたいと思う方と沢山お会いしますが、今「ネイルサロンで大儲けしよう」というのは、このブログを読んで頂いている方には解っていると思いますがなかなか難しいことです。
自分がネイルサロンを経営し、さらにはネイルサロン開業のサポートをする仕事をしている身でこんなことは正直言いたくありませんが…。

サロンを存続させていく大変さ

ですが、私はやり方や考え方さえ間違わなければ、ネイルサロンはとてもいいビジネスだと思っています。
もちろん、ネイルサロンが登場し始めた頃と比べれば飽和状態になってきている部分もあるので、年々難しくはなってきていますが、まだまだ大きな可能性があることはハッキリと言えます。
ただ、決して失敗して欲しくないという思いがありますので、カンタンに稼げます! というようなことは言いたくありませんし言えません。
今までの実績やデータ、マーケティングによる統計や時代背景など、全てを加味した上で、色々な情報を発信していきたいと思っています。

まず私は、お店を出す以上は“潰さないこと”“存続し続けること”を中心に考えています。
何だか夢のないようなことを言う、と感じるかもしれませんが、存続させていく、ということはそれだけ大変なことです。
特にネイリストがネイルサロンをオープンしたいと思った場合や、ネイルが好きでサロンを持ちたいという方には注意して欲しいことがあります。

趣味の延長などではなく、ビジネスとして考える

ネイリストの方に多いのが、“自分の好きなお店を作る”ということです。
決してこれが悪いといっているのではありません。
しかし、それが趣味の延長みたいなことや自己満足で終わっては、借金を抱えてしまうだけです。
ビジネスは“豊か”になるためにあります。
それが苦しみに変わるようなことは避けなければいけません。

例えば、ネイリストとオーナーで基本的に意見が食い違うことが多いのが、ネイルの商材の価格です。
ネイルのプロとしてこだわったものを使いたい…これはよく解るのですが、それを使ってお客様が来てちゃんとサロンが回っていれば全く問題かありません。
ですが、残念ながら回らない場合も多く発生します。
そのときに、当たり前ですが自分の店なので補填するのは自分自身なのです。
ネイリストとして働いていたときのように、オーナーから小言を言われるだけで済むわけではないのです。

経営者としてのオーナーと、技術者としてのネイリストでは、はっきり言って立場が全く異なります。
ネイリストがサロンを経営するということは、この2つの立場を、ひとりでバランスよくこなしていくことが重要になってきます。
これはとても大変なことではあるのですが、どちらか一方に傾いていてはやがてサロンが上手くいかなくなることは明白です。

ネイリストとは逆に、ネイルのことをほとんど知らない方がサロンを経営しているというパターンもありますし、それで成功している例も多くあります。
かく言うこの私もそのひとりです。
この場合だと、技術者としてのこだわりもあまりないので経営者としてのみの考え方ができます。
もちろんネイリストたちスタッフとの折衝はあるでしょうが、冷静に物事を考えられることになります。
有望なスタッフやアドバイザーがいてくれればしっかりと分業できるので、ネイリストオーナーと比べて有利な部分もあると思います。

ですが、技術も知識もネイルのことを熟知している方が、全体的なバランスを考えてサロン経営が出来たとすれば、これほど強力なことはないのです。
ところが、どうしても技術者としての考え方が優先してしまう傾向にあるのは事実です。
これも大切なことではありますが、そのこだわりがお客様に伝わってサロンに来て貰えるようでなければ、それも意味のないものになってしまいます。

自分のサロンを出すのであれば、まずはニュートラルな状態になってお客様の立場を考えることが大切です。
この価格、立地条件、デザイン、サービスであれば集客できるのか? を考えてみて下さい。
この商材を使ってこの価格でいけるのか? これはお客様のニーズに合っているのか? そのこだわりはお客様にも受け入れて貰えるものなのか? などひとつひとつを考えて下さい。
時には諦めなければならない部分も出てくると思いますが、サロンの将来を考えた経営戦略としてはそれも必ず必要になってきます。
ネイリストとして自分の理想のサロンを作りたいならば、まずはお店を存続させて軌道に乗せることを第一に考えることです。
本当にやりたいことは、その後でも十分にできるはずです。

これらが出来るならば、ネイリストとしても現場に一線で立てるあなたのサロンは、人気店になる可能性がグッと高くなるはずです。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-BLOG, topics, ネイルサロン開業について

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.