BLOG topics ネイルサロン経営について 未分類

ネイルサロンの可能性

投稿日:

こんにちは

仲村和也です

3年半ネイルサロン事業をしていてよく聞かれるのは
まだネイルサロンは事業として成り立つか?
と聞かれます

これは開業セミナーでも話しますが私個人の見解としてはありです。

もちろん簡単で誰でも上手くいくという保証はありません
しかしそれでも他業種に比べればハードルも低く参入はしやすく可能性もあると思います

では簡単に少し具体的に書きますと

・初期投資が安い

これはビジネスという観点からはそうでもないかもしれませんが
美容業界というところから見ればネイルより初期費用が安いというところはないかと思います
またネイルサロンを始めるに特に難しい審査等もありません
もし無いとしてもネイリストオーナーなら融資もとても受けやすいかと思います

マツエクの場合ですと初期費用は安いですがやはり美容師の資格が必要なため人材確保というところで
コストも含めハードルは上がるかと思います

・業界が未成熟

美容室、エステに比べてまだ全然という事です
ここで言っているのは店舗の数ではありません。仕組みのレベルです
大手美容室、エステの教育レベル仕組み
これに比べてまだネイルサロンは達成していないように思われます
私のような美容業界に全く無知でも参入出来るのはここも大きいです

マイネイルが何故この数年で店舗展開出来たのか?
これは間違いなくここがあったからです

ここが弱いとサービスの質に差が出てきます

また大手が参入していない事も大きいです
通常例えば

エステなら・・・
脱毛なら・・・・

と電車などつり革広告に沢山あるかと思いますがネイルはまだないです。
そしてあってもやはり価格がまだ高く小規模でも参入できるという事です

しかしデメリットもあります
もちろんこれも沢山ありますがあえて書きますと

・宣伝費が上がり損益分岐点が上がっている

これが数年前に比べて一番感じている事です。
以前に比べて手軽さが薄れているとも思います

特にネイリストオーナーならまだいいですがネイリストオーナーではない場合ランニングコストが上がりました
もちろんその分売り上げをあげればいいかもしれませんが
ビジネスでのポイントは売上ではなく利益です。

ですからこの利益を取る事が以前に比べ難しくなったという事です

・ネイリストの意識が低い

これは語弊があるかもしれませんがあえて。
そして先程の内容に矛盾してますが今まで教育という物を受けた事がない。これがとても大きいです。
意識が低いというよりは経験がないのです
そして業界がそのような文化が無いのです。
ですからそれを自社でやっていく必要があると思います

このように他にも色々ありますがまたセミナーで詳しく話していきたいと思います

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-BLOG, topics, ネイルサロン経営について, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.