知識集

  • マーケティング2017.06.14

    こんにちは!

    コンサリスタ・アドバイザーの後藤です。

    今回は、ホットペッパービューティーのプレビュー(PV)数を簡単に上げて沢山の人にサロンを知って貰う方法についてお話ししたいと思います。

    ■パッと見て“気になる”サロンに!
    既に同ランク平均よりもPV数が高いサロン様には、今回の内容は必要ないかも知れませんが、高い掲載料を払いながらもなかなかPV数が上がらない、毎月平均を下回っている、という相談を受けることも多いのが現状です。

    ホットペッパービューティーをお客様の立場で使ったことのある女性は多いと思いますし、最近だと美容室を探すのに使ったことがある、という男性も多いのではないでしょうか?
    ホットペッパーでネイルサロンを探すと、検索にヒットしたサロンがリスト状に画面にズラッと表示されると思います。

    掲載ランクによって表示される順番は変わるので、上位に表示されているネイルサロンがお客様からは見つけて貰いやすいのは当然として、お客様が「あ、ここってどんなサロンだろう?」と気になるお店を選ぶときは、どこを見てそう思うのでしょうか?
    地域によっては100店舗以上のネイルサロンが表示されるので、上から順番に全部見るというのは大変で面倒なことです。それよりも気になったサロンを選んで詳しい情報を見ていく人の方が多いです。

    お客様目線で考えると、サロンボードを知っている側でいうところの、
    「サロンTOPの写真の1枚目」
    「サロンTOPページのキャッチの文章」
    「サロンTOPのコピーの文章」
    「クーポン」
    が表示画面に出てきますね!!

    他にも、「ブログ」や「口コミ数」も表示されますが、今回は“簡単に”ということに焦点を当てていこうと思うのでここについては割愛させて頂きます。

    単純に考えると、見ているお客様は前述した4つの部分、「1枚目の写真」「キャッチの文章」「コピーの文章」「クーポン」で見たいサロンを選別しているわけです。
    ここの内容でパッと見て“気になる”サロンに見せることが出来れば、サロンの詳細ページまで見て貰える可能性がぐんと増えることになります。

    ■最初に目に飛び込むTOP写真が大切!!
    細かくいうと、コピー・キャッチの文章内容やクーポンなどの表示順があるのですが、
    いちばん簡単で効果がすぐに表れるのは、サロンのTOP写真を変えることです。

    といってもただ変えるというわけではなく、イチ押しのデザインや人気のデザイン、店舗店内が売りであれば店舗内写真などでもOK。
    この部分は、ホットペッパーを見ている人がまず最初に目にする写真になりますので、ここで「おっ、コレは!」と思わせるためにもいちばんイイ写真を持ってきたいところですね。

    その写真を撮るときには、女性が見て「可愛い」「きれい」「オシャレ」と思うような写真を撮ってみて下さい。
    ただしここは、男性オーナーの場合だとその感覚的にちょっと難しいかもしれません。
    場合によってはプロのカメラマンなどに依頼するのも方法ですが、それなりに経費がかかることになるので、出来るだけ自分たちでやってみましょう。
    オーナー自身が解らないようなら、現場のスタッフたちに聞いて女性目線のアドバイスをいろいろとして貰うといいでしょう。案外いいアイデアを出してくれることも多いはずです。

    また、他のサロンの写真やオシャレ系雑誌などに掲載されている写真などを見てみるのもいいでしょう。
    もちろん、そのままソックリに真似をするのではなく、それに自分のサロンならではのアレンジをすることが必要ですが、どういう写真がいいのか? という参考になります。

    もし時間があれば、その他の写真も同じような視点から撮影してみましょう。

    これはアイデアのひとつなのですが、スタッフたちそれぞれに写真を撮って貰い、店内で投票などをしていちばん評判の良かった写真をTOPに載せる、という方法もアリだと思います。
    こうすることでスタッフを含めたサロン全員で作っているという一体感も出ますし、モチベーションも上がってくると思います。

    サロンのページを覗いてくれたお客様に、特集やフォトギャラリーでより魅力的に沢山のデザインを見せた方が、お客様の方でも頭の中でイメージがしやすいですし、サロンページの滞在時間も長くなるでしょう。
    そしてその間にお客様の気に入ったデザインが見つかれば、予約に繋がりやすくなってくるのです。

    写真ももちろんそうですが、常に新鮮で最新の情報を載せるためにも、ページ内容の更新は小まめに行うことが大切です。
    時間がない、というのもよく解るのですが、それこそブログなどはスタッフたちに協力して貰ったり情報アップの担当を決めたりして更新頻度を上げて、お客様から「ここのサロンは更新が速いからいつもチェックしなくちゃ!」と思って貰うことが大切です。
    とても面倒で手間のかかる作業ではありますが、情報社会といわれる現在では、これをするのとしないのとでは、大きな差が出てくるはずです。

    ■無意識に女性の目がいく写真やデザインを考える
    サロンページの中には、
    ・色が飛んでしまって本来のデザイン、カラーが伝わらない
    ・蛍光灯の光が反射して見せたいはずのアートが見づらい
    ・写真のサイズに対して対象物が小さすぎて、どんなデザインか、使用しているパーツが解らない
    ・きれいに整った状態とは言い難いサロン内写真
    などを見かけることもありますが、これはとても勿体ないことです。

    だから良くない、という極端な話しではないのですが、上記のような写真を使っていた顧問先で実際に写真を撮影し直して差し替えたところ、それをやったサロンは全てPV数も上がり今では平均を上回っています。
    これを考えると、ここを意識するかしないかは重要だと思います。

    色もデザインも価格も同じサンプルがあれば、より魅力的に見える写真の方に目がいくのは明らかかな? と思うわけです。
    せっかくお金を払って広告を出しているのですから、もし今まで写真に対してあまり意識したことがない、というオーナー様がいたら、是非やってみて下さい♪

    以下の写真は、一眼レフを持っている男性オーナー様が女性の“可愛い”が理解できない、背景や小物を選ぶのもよく解らないということで、オーナーがシャッターを押すだけというところまでを私がセッティングして撮影した写真です!!

    インスタグラム,ネイルサロン,ネイル
    インスタグラム,ネイルサロン,ネイル
    インスタグラム,ネイルサロン,ネイル
    インスタグラム,ネイルサロン,ネイル
    インスタグラムなどで写真を投稿する際に、女性たちの多くは写真をいかに可愛くオシャレに見せるかを工夫しています。これは対象が人間だろうとモノだろうと変わらない基本的なことです。
    フォロワー数の多いネイリストさんやネイルサロンは、どこも写真がきれいだったりオシャレだったりと色々工夫されているのがよく解ると思います。

    女性は、「なんか可愛い!」「なんかオシャレ!」というものに無意識でも目がいきやすいものなのです♡♡♡♡♡

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。