知識集

  • ネイルサロン経営について2016.01.19

    こんにちは。

    仲村和也です。

    まずはヤフーニュースからの抜粋をご紹介しましょう。

    『遺伝学や人工知能(AI)、ロボット工学などの研究と技術革新によって、人類は2020年までに差し引き500万人分以上の職を失う可能性があると、世界経済フォーラム(WEF)の調査が示した。
    WEFの創設者であるクラウス・シュワブ会長と役員のリチャード・サマンズ氏は、「ザ・フューチャー・オブ・ジョブズ(職の未来)」というリポートで、技術変革によって先進・新興合わせて15の主要国・地域で2020年までに約700万人の職が失われる一方で、200万人分の職が創出されると試算した。』
    とのことです。

    社会のあらゆることが便利になっていくということは、人間の“手”が不必要になってくるということでもあります。
    このことがもろに直撃するような職種では、働き手はいならくなってしまうということです。
    現在でいちばん解りやすいのが、電車の駅の改札です。
    以前であれば、駅員さんが改札で切符を切っていましたが、今では自動改札口が当たり前となっています。
    そういう意味では、技術革新というのは、人間にとって諸刃の剣といえるかもしれません。

    ネイルサロンのデジタル化?

    今から数年で、世界は一気に動くと言われています。
    ネイルサロンも同様で、もしかすると自動化になるのではないか? とも言われています。
    ここで大切なことは、ネイル自体はなくならないということです。
    ファッションとしてのネイルは、どんなに世界が変わろうと消えることはないと思います。
    もっと言えば、ネイルの技術が進化して、現在では考えられないような斬新なネイルが登場するかもしれません。
    現在でも、自分で出来るお手軽キットなどが登場していますし、これも技術革新のひとつといえるでしょう。

    施術スタイルは、これからどんどんと変わっていくのだと思います。
    簡単に言うと、ネイルというビジネスはなくなりませんが、施術スタイルがアナログからデジタルになるかもしれない、ということです。
    車などがそうです。
    2020年のオリンピックには自動化の車を出すと、自動車の企業も発表しています。
    実際に、今現在でもオートドライブの車のCMなども流れ始めています。

    そこで近い将来、ネイル業界も大きく変わるかもしれない、ということを頭に入れておいた方がいいということなのです。

    サロンの方向性を明確にしておく

    この時に、サロンの方向性を明確にしておくことです。
    例えばの話しですが、これからのネイルが単純にファッションとしての方向と、より凝ったアーティスティックな方向に二分化されたとします。
    ファッションとしての方向では完全デジタル化された施術によってネイリストというよりはサロンを経営するのが主になり、アートの方は職人技術を用いたアナログ+デジタルの施術でよりネイリストとしての技術が重要になってくるとします。

    そうなった場合に、自分自身は、自分のサロンはどの方向に行きたいのか?
    この業界でどのようにしていきたいのか?
    ネイルの施術をするのかそれともネイル業界で稼ぎたいのか?

    生き抜く知恵をつけて、どのようなスタンスでネイル業界と関わっていくのかを、より明確にしていくことが重要になってきます。
    まだまだ先のこと、と思うかもしれませんが、時代の変化というものは来るときにはあっという間に到来します。

    新しいものが全て良いとはいえませんが、時代の波に逆らっても繁栄することは難しくなってくるでしょう。
    デジタル化という意味でいうと、そうなるとどこでも同じようなものが多くなってしまう可能性もあります。そこで必要になってくるのは、より自分のネイルサロンなりの売りが重要になってきます。
    他店との差別化を図ることが業界で生き抜くためのポイントです。

    その時になって慌てないように、今から情報を集めて、いろいろと試行錯誤しておくことが必要なのだと思います。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。