知識集

  • ネイルサロン経営2015.11.20

    こんにちは。

    仲村 和也です。

    私は現在4店舗のネイルサロンを経営していますがネイリストのタイプは本当それぞれ違います。

    よくこのブログにも書きますが今ネイル業界は人材不足になっています。

    このような厳しい状況の中ですが現場にスペシャリスト的な方がいる事が理想です。

    そのような存在がいるだけで店の体制が大きく変わりますし人材の育成にも大きく変わります。

    スペシャリストとは?という定義ですが、まずこのスペシャリストに欠かせないものは【リーダーシップがとれること】が重要になります。

    リーダーシップとは、他人がその人の能力を尊敬しその人の考える通りに行動してくれる状態の事をさすと言われているそうです。

    ですからネイルサロンの場合技術がとにかくすぐれていてもこのスペシャリスト的な方が組織運営にとって必須になります。

    マイネイルの場合4店舗の店長を選ぶときはここを見ています。

    例えばいくら技術が上手い、早くても周りから権威がなければ店長にはできません。

    これは本人が気づいてない場合も多くそこを見極める事もオーナーの大切な仕事であります。

    誰をトップに立たせるかによりそれぞれの店舗のカラーが決まってきます。

    ネイリストである以上技術があるのは当たり前に求められてしまうことです。

    店長として上に立つ以上、技術がある上での何かしらスタッフを惹きつける魅力が必要になってきます。

    店長だけではなくマネージャーにもそれはいえると思います。

    ネイリストが店長のようになりたい。
    そして、店長がマネージャーのようになりたいと思い向上できるのが理想だと思います。

    それが何であるかはそれぞれでいいと個人的には思っています。

    そしてその店長の個性をオーナーとして伸ばしてサロンを発展していけるようにしていきたいと思っています。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。