知識集

  • マーケティングetc2013.04.18

    ネイリストの世界はまだ美容師の世界と比べると道筋があやふやです。

    美容師ですと国家試験があり、免許がないとお客様に触れる事もできません。

    以前に法律改正がありそうなりました。

    要は最初から越えなければいけない壁が高く、試験も受からせる試験から篩にかけるような難しい試験になっています。

    そしてネイル業界より前から美容室の数は飽和状態にありコンビニの軒数よりも美容室の数があると言われているほどです。

    つまり我々ネイルサロン関係者が最近感じ始めた飽和状態を何年も前から経験しているという事なのです。

    なのでお客様の絶対数は確実に減少している中でどのように勝ち抜いて行くか・・・

    という事に取り組み成功している美容室がいまも繁盛店となっている訳だと僕は考えます。

    日本とアメリカの関係に似ている気がします。

    アメリカで起きた現象は日本でも必ず起きる事が多いのような・・・

    前置きが長くなりましたがネイリストは免許がなくても例えば学校に行かなくてもやる気になれば誰でも携われる職業なのでこの現状も手伝って最初からモチベーションが高い人材はかなり稀だと僕は考えています。

    なので教育がかなり重要だという事になります。

    社会常識から始まり、接客接遇に至までかなりしっかりとカリキュラムを組んで行かなければ生き残る店舗に成長させる事が難しいと考えます。

    僕は美容室の教育システムや接客を勉強させていただきできるだけ取り入れています。

    自分の業界だけに捕われず視野を大きく持つ事が本当に大切だと実感しています。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。