知識集

  • マーケティングetc2013.03.12

    最近ネイルサロンを出すリスクや失敗したら・・・という話をよく聞かれます。

    僕の今の考えは将来的にネイリストが独立し、稼いでもらうことが目標です。

    独立してもらいしっかり経営ができるネイリストを作ることが 目的です。

    では今回ネイルサロン、ネイルにすら関心がなかった人間がうまくいった訳ですが何故いったか?

    それは間違いなく『人』です。

    それはネイリストでない方がサロンオーナーになる場合まず軸となるBSパートナーが絶対必要になります。

    だから僕がまず言うのは『人』がある程度揃ってからスタートすることです。

    逆にそれをしないでスタートし、失敗した例をいくつかみています。

    オーナーだけが頑張り、スタッフがついて行かない・・・これでは潰れるのは時間の問題です。

    これではまずオーナーとして未経験がやる場合店長(現場責任者)が必ず必要になります。

    ここで大切なのは以前もお話したように必ずオーナーと店長が信頼関係を結べている事。

    ここが信頼関係がないいと店はまず終わります。

    店長が決まったらチーフクラスです。

    皆をまとめる力はないが技術力があるかた。

    そしてあとは未経験者を含むバイトが3人くらい。ここは即戦力にはなりませんが時給が安いため経費が浮きますし、育成する事が出来ます。

    ここが成長し始めたら次の店舗もいけると思います。

    ここまでいけたら最高ですがまずは軸のBSパートナーが出てからスタートです。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。