知識集

  • 初期投資etc2013.02.21

    物件を決める際にサロンの広さはどのくらいか?とよく聞かれます。

    もちろんオーナーの売上目標によって広さもだいぶ変わってくるとは思いますが

    都心のマンションタイプで最初の経費を200万弱で抑えたい場合でも最低30㎡〜50㎡あったほうがいいと思います。

    30㎡よりも狭いとさすがにきついです。

    基本200万くらいの売上を目指すなら最低3席ないと売上を狙えません。

    マンションタイプでも少しの特別感や高級感を出す為に、僕のサロンはソファー席にしているので30㎡以上ないと狭すぎます。

    要は小さすぎないソファーを3席置いても充分なスペースがあれば充分です。

    あとはカウンターや、在庫置き場、スタッフの更衣室などでしょうか?

    僕のサロンではお風呂場が更衣室になっております。

    広さは40㎡ですが今ここに4席ギリギリに入れている状態です。

    ただ都心で40㎡以上のマンションを探すとかなりの予算がかかりますのでバランスを見てこのくらいにしました。

    広い方が沢山椅子も置けるし売上も上がるのではないか?と聞かれますがもちろん広い方が椅子の数も多く置けますし売上も上がります。

    でも5席以上置いた場合はスタッフはかなりギリギリの人数で6名はいりますし、繁忙期以外でこの席がフル稼働することの確率は低いと思います。

    そうなると5席もあるのに稼働は2席・・部屋も広いとなると、実際僕はそういうサロンをみたことがありますが、かなり寂しいです。

    この空気で活気を出すのは至難の技だと思います。

    ですからお店作りを考えて気持ち狭い部屋で常にお店に入ってるな〜とお客様に感じて頂けるお店作りがオススメかと思います。

    狭すぎるのはもちろん逆効果ですが。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。