知識集

  • ネイルサロン 一般業務2016.01.29

    こんにちは。

    仲村和也です。

    今回は、いかに取り逃しがないようにお客様の予約を入れるか? についてのお話しをしていきたいと思います。

    無駄なく予約を入れる方法を考える

    現在のネイルサロンの予約については、もちろんお電話などもあるでしょうが、インターネットから来ることがほとんどかと思います。
    予約表がリピーター様の次回予約で埋まっている、という状態が理想ではありますが、サロンのオープンから数年間はなかなか難しいでしょう。

    このネット予約なのですが、ホットペッパービューティなどのサロンボードシステムを使っている方は解ると思いますが、どうしてもデッドスペースが出来てしまうことが多いです。
    予約はお客様が空いている好きな時間に入れていくわけですが、どうしても予約の取れない枠が出てしまうからです。

    例えば10:00から18:00の8時間の予約枠を空けていたとして、付け替えを2時間と考えるとマックスで4名様の予約が取れるわけです。
    ですが、これが予約の入る時間によってはもちろん4件は取れません。
    単純に11:00から予約が入ってしまうと、その後がキッチリ埋まったとしても3名様の予約、その後ももし1時間空けての予約が続いてしまうと、最低で2名様の予約しか取れなくなります。
    2名様分のみ、ということはほとんどないとは思いますが、3名様と4名様でも総合的に考えると売り上げにかなり差が出てきてしまいます。

    ならばどうすればいいかというと、
    “システム的に決まった時間しか予約が取れないように仕組み作り設定をする”
    または原始的ではありますが、
    “ご予約の時間をずらして頂けないかをお客様にご連絡する”
    この2つはどちらかというとサロン側の都合に合わせた方法です。

    そして、人件費はかさんでしまいますが、
    “アシスタントを入れてオフプレパなどを任せて時間を短縮し、予約をどんどん入れる”
    などの方法があると思います。

    この3番目がいちばんお客様には影響を与えない方法ではありますが、施術時間を短くすることになるので、気をつけなければならないでしょう。
    当然のことながら技術的におろそかになってはダメですし、時間が迫ってくると接客接遇の面にしても雑になってしまう可能性もあると思います。

    お客様に「あのネイルサロンは前は丁寧だったのに、繁盛し始めてからはネイルも雑だし、無愛想になった」と思われてしまっては元も子もありません。
    そしてこういうマイナスな噂というものは、1度ついてしまうとそれを払拭するのは大変なことです。
    サロン側としては、ネイリストに負担をかけながらもお客様のためを思って…ということでしょうが、まったく意味を成さなくなってしまいます。
    そうなってしまわないように、どんな方法を取ればいいのかはサロンやネイリストたちの現状を考えて決めることが大切となります。

    リピーター様に、決まった時間枠の予約を認知して貰う

    ちなみに、マイサロンの場合には、お客様に予約のお時間のご相談をさせて頂けないか連絡することを徹底しています。
    これによって1日5000円の売り上げが上がれば、月に15万円の売り上げとなります。
    実際にはもっと効果が出ているかと思います。

    電話でもそうですが、それに併せてご来店頂いたお客様にはご案内がスムーズな時間をお伝えしてもいます。
    これを継続的にやっていくと、リピーター様は決まった時間枠を認知してくれて、その時間にご予約を入れて下さるようになってきます。
    もちろん利益を上げることを目指してはいますが、それと共により多くの方にネイルを楽しんで頂きたい、という思いもあります。

    予約時間のシステムの仕組みが安定すれば、その月や曜日によっていつが混んでいるのか空いているのかの流れもある程度は出来てくると思います。
    そうなれば、リピーター様に電話ででもスムーズな時間帯をお教えすることも可能になるでしょう。
    また、ブログやツイッターなどのSNSを使って、予約状況を解りやすく閲覧者にお伝えしておく、というのも親切でいいのではないでしょうか?
    これもまた大変な作業にはなると思いますが、やってみる価値は十分にあると思います。

    手間はかかりますし、慣れるまでは抵抗のあるスタッフもいますが、頑張ってくれていることに感謝しています。
    高い広告費を払って集客出来ても、サロン側として受け入れられないのでは意味がありませんので、自分のサロンにあった最適な方法を探してみて下さい。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。