知識集

  • スタッフ教育ネイルサロン経営について2015.12.05

    こんにちは。

    仲村 和也です。

    日頃からよくこのブログでも仕組みをつくることが大事だということを繰り返し言っていますが、その中のひとつに用語の統一があります。

    以前も書いたことがありますが、日産を立て直したカルロスゴーンも使った手法です。

    簡単なようなことですがこれは非常に大切な事です。

    この用語の統一ですが、例えば、整理整頓とはなんですか?と聞いたときに

    あるスタッフは店をきれいにする事。

    また別のスタッフはキャビネットの中をきれいにする事。

    と、いったようにスタッフにより答えが違う場合はこの用語の統一が出来ていない状態ということになります。

    大手企業は基本的にきちんと出来ています。

    これが出来ないとクレームにつながる事を知っているからです。

    ですので。この整理整頓とは?何か?社内でルールを決める事が仕組みつくりになるのです。

    いつも当たり前に使っている用語も実はお互い考えている事はバラバラです。

    言葉だけでなく、ネイルサロンですので、クリスマスに向けてかわいいデザインを・・・といってもサンタを描くスタッフも居れば赤とグリーンのフレンチネイルをつくるスタッフもいると思います。

    サロンによりデザインの傾向もあると思うのでそれもスタッフ全員がきちんと理解していないといけません。

    そのサロンでまずは用語の統一をする事をお勧めします。

    これだけでも現場の運営はかなりスムーズになると思います。

    伝わり方の違いからトラブルは生まれます。

    みんなそれぞれ生きてきた環境が違うので言葉の受取り方もそれぞれ違うのが当たり前です。

    クレームやトラブルを回避する為には早めにここは徹底をおすすめします。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。