知識集

  • オーナーについてネイルサロン経営について2015.11.16

    こんにちは。

    仲村 和也です。

    前回オーナーとして大変だった事を書きましたが今回はネイリストについてです。

    オーナー業もそうですが【ネイリスト】という職業も一見とても華やかに見えます。

    ネイリストに憧れをもつ人は沢山いますし、ネイリスト検定が始まって18年がたち受験者数は累計約56万人になるそうです。

    毎回ビックサイトが受験者で埋め尽くされているにも関わらず、実際にネイリストとして働いていく人はそう多くはありません。

    よくこのブログでも書いていますが業界的にネイリストは不足しています。

    1級まで取得するにはかなりの努力が必要ですし、費用もかかります。

    そこまでして取得したにも関わらず残念なことに続けるのが厳しいネイリストの現状があります。

    あらゆる技術を要求されるにも関わらず相場的にネイリストのお給料はあまり高くはありません。

    技術だけではなく接客の力も必要ですし、意外かもしれませんが体力勝負なところもあります。

    座っている時間が長いので腰痛に悩まされて辞めていくネイリストも多いです。

    ネイル業界に身を置くものとして、私の目標のひとつにネイリストの地位を上げたい。ということがあります。

    働いてくれているネイリストが独立したいと言ったら応援しますし、いろいろな情報やノウハウをシェアしあえる関係になりたいですし成功してとも思っております

    ですのでなるべく店長クラスには数字にも強くなってほしいので経営側の事を伝えていくようにしている部分もあります。

    綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、マイネイルで働いてくれているネイリストたちに私は誇りをもっています。

    アドバイザーももしネイリストがマイネイルを辞めたとしてもどこのネイルサロンでも立派にやっていけるようにと育てくれています。

    ネイリストという職業がもっと認められていくように、まずは自分のサロンからいい環境と待遇にしていけるよう努力していこうと思っています。

    まずはオーナーとして自分が出来る事からコツコツと考えております。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。