知識集

  • マーケティングetc2014.02.18

    ターゲットの決め方

    よくお客様のターゲットを決めると言いますが

    例えば主婦とかOLとか学生

    勿論いつもこれは言いますが答えはありませんのでオーナーの決め方次第ですが

    個人店での経営の場合は決めてもいいと思いますが

    複数店舗展開の場合は出来たら決めない方がいいと思います。

    何故かといいますと

    OLをターゲットに‼
    というコンセプトもいいですが

    当サロンは正直子供からご年配迄誰が来てくれてもいいです。
    むしろ来ていただきたいです。

    幅を逆に狭くしてしまう恐れがあるのです。

    やはりしっかり収益をあげるためには月にそれ相応のお客様に来ていただかないといけません。

    だから逆にそのような表記もしませんし意識もしていません。

    何故なら多店舗展開は多店舗に学べではありませんが

    セブンイレブン、UNIQLO、イオンなどなど
    赤ちゃんからご年配迄大丈夫です

    チェーンの居酒屋でも子供メニューがある程です。

    ですのでよくターゲットは決めないのですか?と言われますが
    年齢、仕事等関係なく沢山の方に来ていただきたいので
    マイネイルはターゲットを決めていません。

    新参者が短期間で店舗展開するわけですからそこに重きは
    起きません。
    もちろん当サロンはこれからもターゲットを決めるつもりもありません。

    世の中の大型多店舗展開がいい見本だと思っております
    店舗展開の王道でいきます。

    但し・・・決めているのは価格帯。
    これはやはり市場に合わせます。
    勿論ビジネスですから他店舗より来やすい価格帯にはしますが
    ここはバランス。

    安すぎても駄目
    高すぎても駄目

    しっかり電卓で弾き計算をして価格帯を出します。

    安売りもいいですが一度あげた価格帯をまたあげるのは厳しいので
    オープンする際はしっかりと価格設定を決めてからスタートしてください

    価格はしっかりその地域の市場調査をしてからやる事をおすすめします。

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。