知識集

  • 社員教育etc2014.01.18

    サロンをオープンしある程度軌道に乗った後はオーナーの業の大切な事として
    そのサロンで社会を作る事です。
    社会というかそこで一つのコミュニティーを作る事です。

     

    例えばですが
    会社には役職があり部長から課長、係長というような形がありますがネイルサロンも
    そのようなポジション的なもの=感覚でいいので作る事が大切です。
    これはそのポジションを作る事が大切ではなく責任をもち動くようにする事です。
    逆を言えばオーナー1人がリーダーシップをとって後みんな指示待ち…のような形ではなく
    各々が自分の意思で動き店を大きくしていくという意識が大切です。

     

    これにはもちろん仕事だけではありません
    例えばスタッフの誕生日会の企画や忘年会もそうですしイベントもその一つです。

     

    このようなものが自動的にスタッフの中ではじまると著しく辞める方が少なくなります。

     

    逆に一人一人が完全に孤立して仕事だけしてすぐ帰り後は全く的な…..サロンですと

    人の入れ替えも結構激しい場合があったりします。

    最悪の場合技術だけ盗んでやめてしまう場合もあります

     

    もうこのサロンが自分の居場所。
    このようになるとみんなが自主的によりよくするために考えだします。
    もっとお給料がいいところがあったらすぐ他にいこうなど起こらなくなります。

     

    お給料がいいだけでは人は満足しません
    最初はオーナーが色々企画し流れを作っていく事もとても大切です。

     

    DSC02384

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。