初期投資 未分類

コンセプトによる店舗にかける初期費用

投稿日:

前回のセミナーでも話をしましたが最初にかける店舗費用について
マンションタイプで4席広さで30~35平米で、築がそこまで古くない状態でしたら
諸々含めて内装費100万はかからずにオープンできます。(物件にかかる費用は含まず)
ここにかける費用はもちろん自由ですが
できれば
ここは何も店のコンセプトがない場合は手持ちの資本によりますが
安く抑える事にこした事はありません。
店のつくりが売りのサロン様でしたらもちろんそのイメージに合うような店にした
方がいいですがない場合はスマートにあまりお金をかけない方がいいと思います。
僕もありましたが店を作っている最中に色々と費用をかけて高級でないにしても
無駄に何かこだわりをいれようとした事もありました
こだわりもいれていいですが何にこだわるか?ここです
高い、安いではないのです。
これが明確ではないと実際必要にないところに費用をかけてしまいます
経営者が必要な物の一つに資本があります。
必要な時に必要な投資ができないと店を継続できない場合があります
例えば
急に人が辞めてそのためにかかる費用
必要な道具が破損しそのためにかかる費用
などなど
店をやっていて予期せぬ大きな出費はたまにあります。
そしてオープンして3ヶ月は赤字のお店も多いですから少なくても3ヶ月でしっかり
体制が整えられるような資金は必要になります。
場合によっては現場スタッフとの相性も合わずに
スタッフ総入れ替えもパターンもあります。
このオープンして3ヶ月くらいの赤字で思った以上に精神的にダメージがくるオーナーさん
が多いです。

これは店舗をいくつもやっているオーナーも今でも結構あります
しっかりと計算していても不安になります。

だからオープンする前にかかる費用+オープン後三ヶ月の予備費用もしっかり
考えて最初に投資をした方がいいです。
それを含めて最初に店の投資額を決める。
これをやらないと最初はお金がある分
店舗作成に費用をかけてしまう場合があります。
店舗の設備がそこまでしっかりなくてもちゃんとお客様が来ていただきリピーターになって
もらえばいいのです。
大切なのはしっかりコンセプトを決めてそこにもとづいた店舗作りをしていく事です。
本日も最後までありがとうございました
これからも皆様からのメッセージ、コメント気軽にお待ちしいおります!!

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-初期投資, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.