知識集

「ネイルサロン.コロナ.コロナ対策」
  • ネイルサロン経営2020.04.15

    コロナウィルスから今後の経営について

     

    久々の投稿になります

    現状今どこのサロンもこのコロナウィルスで大変な状況だと思います

     

    もちろん私のサロンや十数店舗ある顧問サロン様も皆さん大変な状況ではあります。

     

    今まで経験した事のない事

    またこれがいつまで続くのかわからない事

    この二点が特に大きな問題かと思います。

     

    現状体力がないサロンはいち早く融資を受け

    まずは会社存続対策をして下さい。

    しかし「融資」はあくまでも借り入れなのでそこは注意です

    経済が復活しても借金まみれだとそれはそれで問題だからです。

     

    また国が出している雇用調整などもちゃんとした入金

    スケジュールを把握して活用しないと給料立替出来ません

    キャッシュアウトしますのでそこはちゃんと考えて行うように

    して下さい。

     

    すぐにこの雇用調整入ればこんな事にはならないと思いますが

    残念ながらそうもいかないと思いますので。

    ここまで来ると

    本当に誰を頼る、誰かがなんとかしてくれる

    という考えは捨てまずは「会社の存続」これをどうしたらできるか?

    トップなら情報を集めて動く事です

    資金ないのならまずは資金集め。

    もう変なプライド捨てて動くしか無いのです

     

     

    しかし経営からみたらこのコロナが収束した時はやはりチャンスだとは思います。

    1番は人材の確保です。

    残念ながら今回の件で多少のサロンは潰れるでしょうし

    個人サロンが多くなりつつありますがそこも継続出来ないサロンも多いかと思います。

     

    このような時はやはり会社所属の方がやはり強いと本当に思います

    そうなれば今まで本当にこの人材確保でどのサロンも

    苦労してきましたが

    いい人材を確保出来るチャンスでもありますし

    店舗数が減ると思うのでそれはそれで集客もしやすいという事です。

    実際今求人は増えてきています。

    とりあえずまとめると

     

     

    固定費の調整(2,3ヶ月対策)

     固定費の削減(長期対策)

    短期対策は固定費のスリム化、長期対策は解雇やクローズなど大手術

    資金調達(公庫、銀行、助成金、給付金)

    収束後は

    集客と人材確保は有利になるのでその準備も余裕があればしておく事

    どこまでこの状況が続くか?まだ未定ですが

    出来る事はなんでもやり生存していきましょう

中小企業でネイルサロンを購入したものの、悩んでいる…
企業が優秀なマネージャーを雇用するのではなく、
低コストで外部の専門マネージャーに任せませんか?

他にも顧問コンサル、集客・広報、ネイルサロンM&A、開業コンサルなど、
様々なことに対応できます。まずはお問い合わせください。