「オーナーについて」 一覧

サロンの“親分”になること

こんにちは。 仲村和也です。 昨日はオープンを控えているネイルサロンで、スタッフを交えて食事をしながらのミーティングをしました。 このスタートの時が、みんなのエネルギーがありますしモチベーションもいち ...

ビジネスに於ける“報告”の重要性について

こんにちは。 仲村和也です。 最近、blogで報告についてたまにお話ししますが、 この“報告”ということだけでも、説明を始めると数時間かかります。 数時間というわけにはいきませんが、今回はこの“報告” ...

ネイルサロン経営に必要なのは、メンタルだけではなく…

こんにちは。 仲村和也です。 ネイルサロン経営をしていて、メンタルというものは最重要ではありません。 経営の土台が出来てからのメンタルは大切ですが、環境や戦略もないのにメンタルだけを鍛えても上手くいか ...

“空いている時間”にやることのリストはありますか?

こんにちは! コンサリスタ・アドバイザーの後藤です。 先日、顧問先のオーナー様から「“空いている時間”を管理するにはどうすればいいのか?」というご相談を頂きました。 仲村も、このブログでよくルール作り ...

オーナーにとって試練となる時期

2016/03/12   -BLOG, オーナーについて

オーナー業は人を雇用する以上やはりどんな場合もここの責任をどう取るか?が重要になってきます。

商売をするのが初めてな方は開業資金にばかり頭がいってしまいがちですがランニングコストが必要です。

この資金がギリギリになると精神的にストレスがかなりかかってきます。

no image

経営者と従業員の違いとアドバイザーの必要性

経営者と従業員(技術者)、求められる能力や働き方、考え方は全く違います。
従業員は『作業をする』ですが
経営者は『仕事を生み出す』です。
予約管理や受付業務、ネイル施術、チップ制作、など毎日する仕事があるからこそスタッフに毎月お給料が入ります。当たり前のことですがその仕事を生み出すオーナー様がいてこその仕事です。

no image

現場を任せて経営に専念すること

こんにちは!
コンサリスタ・アドバイザーの後藤です。
サロン経営者が経営に専念出来ないという事は・・・

no image

オーナーのスタンス

今日はいつもとちがう少し内容が違うかもしれませんがオーナーになるために、オーナーでいるためのスタンスもとても大切だと改めて感じることが多いのでそれについて書きたいとおもいます。

ネイルサロンの経営を始めてからやはり経営者の方とご一緒する機会がどんどんと増えてきました。

美容業界の方だけではなく幅広く様々な会社の社長にお会いする機会があることは本当に勉強にもなにますしありがたいことです。

no image

ネイルサロンを続ける為に必要な専門家は?

そんなトラブルの時にそなえて、普段から、弁護士、社労士、税理士とは繋がりがあったほうがいいと思います。

もちろん費用が発生しますので個人の方がネイルサロンを経営するためにオープン当初から顧問契約をする必要はありませんし、費用的にも現実的ではありませんが、店舗展開や会社組織を視野にいれているのであれば早めに相性のいい方を探しておいたほうがいいと思います。

相性、といういい方をしたのは弁護士も税理士も社労士もみんながみんな同じ考えではないからです。

例えば融資についてお願いする場合、同じ税理士という肩書きでも人により全く違う考え方を提案されることがあります。

ある程度余裕をもって大きく融資を受けましょう。と、いう税理士も居れば、とにかく必要最低限にし返済を少なくしよう。という考えの方もいます。

事業計画から細かく見る方もいれば数字だけという方もいます。

これはどちらが正解というわけではありません。

どちらにもメリットとデメリットがあると思いますので、このどちらの考えが自分にあっているかということです。

そして気をつけて頂きたいのが、あくまでも言いなりになる必要はない。という事です。

no image

ネイルサロンを続けるには

私の右腕となってくれているマイネイルのアドバイザーも初めからうまく現場を仕切れていたわけではありません。と、いうのは、彼女が今までのキャリアがありネイルはもちろん出来ませんが
一通り出来てしまうタイプでした且つ、仕事に対して情熱がありますので何でも自分がいてしまう
という姿をよく目にしていましたし、感じていました。ですが、全部をアドバイザーがやってしまうと私の目指している多店舗展開には向かないのです。どんなにスピーディーに仕事をこなせても1人には必ず限界があります。マイネイルの場合はアドバイザーがいるのでその例でかかせていただいていますが、コンサルでお会いするオーナー様にも全て自分で動いてしまう。もしくは動こうとしてしまう方がいます。初めから全てを現場に任せてしまうのは良くないですが、全てをオーナー様がやるのも間違いです。間違い。といってしまうと語弊がありますが、先程もいったようにそれには限界がありますし店舗展開は難しくなってしまいます。

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.