「ネイルサロン経営について」 一覧

組織ビジネスとしてのサロン業でいちばん大切なこと

ネイルサロンを組織ビジネスとしていくのであれば
色々な事を覚えていく必要があります

個人オーナー時とは全く違います

残念ながら一人の時は上手くいっていたとしても
組織になったら上手くいかなくなるサロンオーナー様も沢山います

ネイルの技術や接客をパーフェクトに出来たとしても
その会社が上手くいき続ける保証はありません。

no image

アイラッシュ導入に必要な登録について

マイネイルはいまのところアイラッシュを取り入れていませんので申請を出したことがないので詳しくはわかりませんが、美容所登録をした知人に聞いて驚いたのが、その空間に美容師免許をもっていない人間を入れてはいけないという規定です。

時には、過去と向き合ってみませんか?

去をしっかり振り返り、この時うまくいったのは何故だったのか?その逆は?この時の想いはなんだったか?など自分と向き合う時間はとても大切だと思います。

今はすっかり忘れていても、逆に過去は出来ていて今出来ていない事などにも気づくかもしれません。

オーナーとしての魅力が信頼関係を育てる

時給をアップして対応してもらう。これが出来るか出来ないかもオーナーの力ですし、同じビジョンに向かうために乗り越えようという思いで対応してくれるのであればそれだけの魅力があるということです。

このようなピンチが起きた時を乗り越えてスタッフとの信頼関係がさらに生まれるキッカケに変えられるようにしていきたいですね。

サロン経営者が成功するために大切な行動力とスピード感

話を聞いているととても立派なこといっていても行動が伴なわないのです。

やはり始めるのも、続けるのも、ついこの間言っていたのにもう始めた!?くらいのスピード感がないと難しいのだと思います。

サロンスタッフを幸せにするために必要なこと

人件費や教育に関し資金をかける事は本当に大切です。ですがそれがきちんと投資勘定になっているかが重要です。

スタッフやお客様を幸せにしたいのであれば店はあり続けなければいけません

経営者が変わり続ける時代に対応するために大切な二つのこと

お客様、時代の今のニーズは何なのか? というのをいち早くキャッチし反映していくことが大事なのです。

また、スタッフの変化に気づき対応できるオーナーは強いです。

誰でもいつも同じモチベーションで入れるわけでもないですし、ライフスタイルも変わります。それらを自分からうまく伝えられるスタッフばかりではありません。

技術者からネイルサロンオーナー経営者への転換

もちろんその後も全くネイルがわからないオーナーよりメリットは沢山あるとは思いますが、ビジネスとして大きく成功したいのであれば、自ら稼ぐ。ではなく、自分がリーダーになり稼げるチームを作らなければいけません。

ここのシフトチェンジは実はとても難しいです。

目的と目標の違いとは?

目標は目的を叶えるためのものですので、例えば経営者として成功したいというのであればそのための一歩として今月、来月の売上げはいくらあげよう。その為にはどんな方法が必要か? スタッフをどう動かせばいいのか? などと考えるわけです。

目的のために動いていると思考も不思議と変わってくるものです。

様々な諸問題について全ての責任はサロンオーナーにある

しかし、誰かに任せるというのは実はとても大変なことです。

もちろん報告、連絡、相談は絶対ですが任せた以上は基本その人の考えで判断していいということになります。

ここで思考、目的が違うと必ず問題がおきます。

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.