「 投稿者アーカイブ:kazuya 」 一覧

“ホットペッパービューティー”をネイルサロンオーナーが最大限活用するために大切なポイント

集客ができないと嘆く前に徹底的にサロンレポートを見て分析するべきです。

うちはアクセス数がすごくいいのに売上げが伸びないというご相談を受けることがありますが、どこに問題があるかをしっかり探してみてください。

スタッフたちのサロンに対しての期待値を高めることの大切さ

ビジョンを深く共有するのはなかなか難しいかもしれませんが、オーナーとしてスタッフにより良くなっている未来、将来を見せられているか?ということが大切だと思います。

スタッフ一人ひとりがこのサロンで働いていると自分はこうなっていくであろうとリアルに描いていけるようにするのです。

ネイルサロンのお客様のターゲットをしぼる

安価で定額制のサロンなのかオールマイティーにどんなネイルにも対応できるサロンなのか、これによって立地や求人のやり方、そろえる商材、全てが変わってきます。

そして、何よりも来店してくれるお客様が違います。

クレームに対する意識とは?

こちら側に落ち度があるのであれば素直に反省し早急に改善しなくてはいけませんし、ここにきたクレームが再度起こらないようにマニュアルに加えたり修正する必要もあります。

少し話は逸れますが以前からたまに聞くのは嫌がらのような口コミについてです。

これに関してはオープンしてから数ヶ月の間に起きることが多いように感じています。

サロン経営をするうえで苦手分野をカバーしてくれる人材はいますか?

ビジネスをうまくいかせるためには自分の不得意なところをうまくカバーしてもらえる人間を捜すことも大切なことです。

例えば、細かい数字などを見るのが得意でもスタッフをまとめたり指示をだすのは苦手な方もいますし、スタッフをまとめるのは上手いが数字やデータ分析は苦手な方もいます。

経営者に必要なストレスへの耐性

コンサルティングに入らせて頂いたときに、数字を見るのが苦手。といった方も多いのですが、うまく行っていないときほどその数字に向き合う必要があります。

苦手だからとここを全て誰かに任せる。という手もありますが、それはしっかりと自分が把握をできた上でです。

最終ジャッジはサロンオーナーの責務

大きな決断はもちろんオーナーがしていくでしょうが、日々の事。例えば仕入れなどについてもオーナーがきちんと見て確認して決めていくことが重要です。

ここをスタッフに完全に任せてしまうとやはり無駄が生まれてしまうことが多いです。

オーナー業に集中するために必要なもの

よくマニュアル作りがわかりません。という方がいますが、こうしてもらいたい。といったことやクレームがきてしまったりした場合など、その都度増えていくもので、短期間ですぐ出来るものではありません。

よくマニュアル作りがわかりません。という方がいますが、こうしてもらいたい。といったことやクレームがきてしまったりした場合など、その都度増えていくもので、短期間ですぐ出来るものではありません。

【両替】といった単純な作業をひとつとってもいつ、誰が、どのような状態の時に行うのか。が誰が見てもわかるようにすることが重要です。

サロンとスタッフに大切なネイルの技術研修

2016/04/14   -BLOG, topics, スタッフ教育

あるサロンでは月に1回研修日として店長が技術を教える日を作った結果技術向上はもちろん、離職率がぐっと落ちたそうです。

オーナーからするとこの1日店を開けないで人件費がかかるという所は悩むところもあると思いますが必要な投資といえます。

投資と回収の具体的なしくみ その③

となると今回5名の方に残って頂きその方達のおかげで月に

150万の利益が新たに生み出せます

となればデビューして3ヵ月で回収という事です。
丸々1年ですと1800万の利益です 350万に対してこのリターンは非常に大きいわけです

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.