ネイルサロン経営

ネイルサロン店舗を拡大する際の“落とし穴”

更新日:

ネイルサロン店舗を拡大する際の“落とし穴”
こんにちは。

仲村和也です。

ネイルサロンの経営スタイルは様々です。
これがいい、悪い、というのはないので、オーナーの皆様が自分が「コレだ」と思う好きなスタイルでやることがいちばんです。

ですが、最低限のルールはありますので、そこを注意しないといくらやっても黒字にはならないので気をつけて下さい。

“たまたま”で店舗拡大をしてはいけない

今回は「店舗拡大の“落とし穴”」というテーマですが、マイサロンは創業から毎年店舗展開をしてきました。
マイサロンではリピーターの価格が平均よりも高く、その分ネイルの技術や接客接遇が大切になります。
そうなると誰でもすぐにデビューとはなりません。
やはり数ヵ月のトレーニングが必要となってきます。

また、ネイルサロンのオープンから5年目を迎えますと、ネイリストたちの寿退社や妊娠する方も出てきますので、ここで一度店舗展開をストップさせて、新たに新人を入れて仕組み作りをしています。
そしてこれには時間がかかります。

何が言いたいかというと、
「店舗展開をするときには勢いだけで拡大せずに、明確にこれをすることで会社に利益が残るように計画的に拡大をしていく」
これが大切だということです。

よく、1店舗が上手くいったからと店舗展開するケースがありますが、それは計画的に上手くいったからそうしたのか? ということを考える必要があるのです。
“たまたま”上手くいったから…とでは全く違います。

ビジネスは、綿密な計画の元、それを遂行して達成していくものです。
これをしていてさえ、いつもトラブルばかりです。
さらにいえば、上手くいっているときには見えなくなっている“落し穴”も沢山ある、ということです。

ですので、何の根拠もなく勢いだけで店舗拡大をすると、大概が大きく失速することになります。
これはどんなビジネスにでもいえることで、他業種でも店を増やし過ぎて結局はダメにしてしまうという話しをよく聞きます。
また、いくら計画通りといっても、あまりに急速な店舗拡大もリスクが大きいと思います。
“その時”は良くても、ビジネスは継続していかなければ意味がありません。
ちょっと店を仕切れる人がいないけど…ネイリストの技術や人材が足りないけど…など不安な要素が多いのに、“たまたま”今がチャンスだからと見切り発車してもいい結果にはならないでしょう。
チャンスというのは、その先にいくらでもあると思います。

ビジネスの明確な計画が重要

ビジネスを始めるときも、店舗展開をしていくときでも、重要なのはしっかりとした計画です。
仕組み作りをしたいのなら“たまたま”ではなく明確な戦略が必須なのです。

今現在、あなたのサロンが上手くいっているのだとしたら、それは何故なのか? これを分析してその理由を割り出し、マニュアル化してそれを基に拡大していかないと「あれ? 1店舗目は上手くいったのに2店舗目はなんでダメなんだろう…」ということに必ずなります。

ネイルサロンを始めたときからビジネスとして店舗展開を考えているオーナー様であれば、最初からある程度の計画を持っているとは思いますが、それにしても全てが計画通りにいくわけではないので、状況によって計画を練り直すことも当然必要になってきます。
そのせいで店舗拡大に遅れが出たとしても、焦りは禁物です。
また、当初は店舗拡大を考えていなかったけれど、サロンが好調なので店舗拡大をすることにした、というオーナー様の場合には、さらに注意が必要です。
1店舗でやっていくのと店舗展開をしていくのでは、根本的な部分から全く異なってきます。
まずはしっかりとした計画を立てることから始めましょう。

いずれにしても、サロンが上手くいっているその要因をきちんと考えて、それを活かしたビジネスを計画することです。
そして前述しましたが、あまりに急激な拡大では“資本”と“人材”がそのスピードについていけないことも多々あるので危険です。
そこも注意して下さい。

ビジネスを拡大していきたい方は、今からこれらを明確にしておきましょう。

もし解らないことが多いようであれば、私も力になりたいと考えていますので、ぜひご連絡下さい!!

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-ネイルサロン経営

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.