ネイルサロン経営

ネイルサロン競争社会を生き抜くためには… ①

投稿日:

こんにちは。

仲村和也です。

最近は、業者さんと会うことが多くなってきました。

私は基本的には現場に全くいないので、このネイル業界では業者の方たちに会って、共にいろいろと戦略を考えることが多いのです。
そしてコンサルタント業務をしていますと、おかげさまでホットペッパービューティーをはじめとしてネイル業界にも関わっている様々な業者さんともパイプが繋がります。

ネイル業界の真っ只中にいる存在ではなく、業界に関わってはいるけれど外側からネイル業界の中を冷静に見られる方たちの意見というのはとても参考になります。
近すぎて見えないことも距離を置いている立場からなら見えてくるものですし、業界の良い部分も悪い部分も冷静に判断していると思います。

そこでの情報というのは、これからネイルサロン業をしていく上で本当に貴重なものとなっています。

ネイル業界も今では飽和状態です。
その中で他店と競争して生き抜いていくには、それなりの方法というものが必要となります。
今回から3回に分けて、ネイル業界の競争社会で生き抜く術をお話ししていきましょう。

宣伝費を使って集客をするのが王道ではあるけど…

コンサルタントをしていて、いちばん質問が多いのが組織としてのネイルサロン、簡単にいうならどう店舗展開をしていくか、についてです。

王道でいうのであれば、有料媒体を使った宣伝広告による集客ということになります。
やはり有料媒体を使わないと一気に集客することは出来ないので、活用することになるでしょう。
しかし現在では、本音を言えば業者ですら厳しいネイル業界になってきたといっています。
それは簡単にいうと宣伝費の高騰です。

美容業界では特にホットペッパービューティーが強いので、その媒体の高騰ということです。
もし、サロンの近所のお客様たちだけで商売が成り立ち、十分に潤うことが出来るのであれば有料媒体は必要ないでしょう。そうであれば、高額の宣伝費をかけなくてもやりようはあると思います。
ですが、現実にはそうはいきません。お客様の住んでいる地域を問わず、さらにお客様の好きなときに見ることができて予約が出来る、まさにホットペッパービューティーのような媒体があるからこそ、サロンもやっていける、といっても過言ではないのが現状なのです。
ネイルサロンに限らず、ホットペッパービューティーを使わずにやっていけている美容サロンというのはほとんどないと思います。

ネイル業界での競争に勝つためのポイントは?

よくBlogでも話ししていますが“激戦区でいちばん高い宣伝費を使って集客”
これでそこまで難しくなくネイルサロンのビジネスが出来ていました。

ところがマイサロンを始めた時に比べて、いちばんの集客ツールであるホットペッパービューティーの宣伝費は倍になりました。
これによって、ジワリジワリと利幅が減ってきたということです。
かといって宣伝を止めてしまえば十分な集客は出来ません。結局高い宣伝費を払い続けることで経営が圧迫されていき、他にも低価格のネイルサロンが増えてきたことでやっていけなくなり、サロンを辞めてしまうところも多いのです。
その代わりにといっては何ですが、サロン数は以前より減って集客はそこまで難しくないことも事実です。

これからも更に競争社会になるであろうこのサロン業界ですが、ではその中で生き抜いていくためのポイントはまず何か?

もちろんポイントは数多にありますが、その大きなひとつは“マネージメント”です。

“マネージメント”とは、簡単にいえば、お金や時間、人やモノなどの使い方を効率よく最善にして、ものごとを上手く運営して企業を維持、発展させていくことです。
経営者として、オーナーとしてこれが出来ないとサロンの経営は非常に難しいといっていいでしょう。

マイサロンがオープンした頃では、宣伝費は高いランクでも月20万円ほどでした。
ですが今では50万円にもなります。
それでは、月50万円も宣伝費をかけて利益を出していくにはどのようにすればいいのか?

これはとても簡単です。
それは数をこなせばいいのです。

この続きは、また次回にお話ししていくことにしましょう。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-ネイルサロン経営

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.