ネイルサロン経営

ネイルサロンオープンからの3ヵ月にしておくべきこと

投稿日:

こんにちは。

仲村和也です。

新規サロンが数店舗オープンしました。
場所によってはすぐに集客できているところもありますが、やはりスタート時は集客が伸び悩んでいるところもあります。

スタートの段階からすぐにでも集客が出来ていればいいのですが、条件的に元々厳しいところもあります。
ですが、それはオープン前の最初から解っていればいいことであり、それに対してしっかりと長い目で見た戦略を立てていけば大丈夫なのです。

今回のテーマは、オープンして3ヵ月の間は何をすればいいのか? ということです。

しっかりとした事業計画が重要

最初のうちにしっかりとやっておきたいこと、というのは色々とあるのですが、簡単にいうと、まずは「事業計画通りになっているか?」ということです。
特に売り上げを意識しているのであれば、集客目標が出来ているかいないか? というのは重要なポイントとなります。
ここがなければ売り上げを上げることはできませんので…。

最初の事業計画は、基本的にはオープン前からきちんと練っておくものです。
まずはどのような目標に向かって仕事を進めていくのか? そのベースとなるものを考えて作成しておきます。
まずは何をやってどこを目標にするかです。
もちろん、そうそう自分の思い通りに行くわけではないので、途中で軌道修正は必要になってはきます。

今回出店したネイルサロンでも、激戦区でもしっかりと宣伝を打って集客に成功しているサロンはいくつかあります。
そこで問題になるのは、“スタッフの確保”と“仕組み作り”というのが非常に多いのです。

ネイリストなどのスタッフに関する悩みというのは、ほとんどの場合は人材不足です。
特にサロンのオープン時というのはスタッフが退職しやすいものなので、そうならないような環境を作ることが大切です。
経験者であるベテランを入れるのか? 新しいスタッフを入れるのか? というのも考えどころです。
理想をいえば、サロンのオープンを経験しているようなスタッフがいてくれればいいのですが、そう上手くはいかないものです。
ベテランスタッフはなかなか見つからない、ということを考えると、どうしても新人を入れざるを得ないということになります。
しかし軌道に乗っているときならいいのですが、まだどうなるか解らないオープン時となると、まともに教育することが出来るのか? というのが問題になります。
新人ネイリストの方にしても、入ったはいいけれどろくに教育もして貰えずに右往左往するだけではすぐに辞めてしまうのも致し方ないことだと思います。

逆にいえば、この時期を乗り越えてサロンに残っているスタッフというものはその先はかなりの戦力となってくれるでしょう。
このことからも、いかにオープン時のスタッフが辞めないようにするかということは後々のサロン運営にも影響すること、といえると思います。

数値を把握した上で、しっかりとした仕組みを作り上げる

そしてもうひとつの“仕組み作り”は、前述したスタッフの教育などにもいえることですが、まずはサロン経営の上での売り上げ管理など、数値的なものをしっかりと把握できているか? ということが重要です。

サロンのオープン時は、場所にもよりますが本当に毎日をこなすことが精一杯な場合が多いのです。
ですが、ただ忙しいだけであまり利益が出ていないネイルサロンが多いのも事実です。
最初だから仕方がない…ではなく、最初だからこそきちんと状況を掴んでおく必要があります。
忙しい中でも、今、会社としていくら売り上げがあってどれくらいの利益が出ているのかを知っておくことです。
そしてスタッフの管理を含めて、ネイルサロン経営の仕組み作りを考えていきます。どのような体制であれば利益を出していけるのか? これはサロンそれぞれの条件によって変わってきます。
スタッフの管理と教育方法、サロン運営のしかた、必要経費の使い方などの現状を、最初の3ヵ月で把握して、悪い部分を改善していくことが必要です。

簡単で当たり前のようなことではありますが、意外と出来ていないことがあります。
もし出来ていないことがあるようなら、ここをすぐに徹底して下さい。
オープンして間もない時期にだからこそ解ることもある、そしてそれを修正していくことがサロンの未来を左右するということを覚えておいて下さい。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-ネイルサロン経営
-,

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.