ネイルサロン経営

ネイルサロンオーナーのメンタルについて考える

投稿日:

こんにちは。

仲村和也です。

今日はオーナーのメンタルについて話をしていきたいと思います。

ネイリストたちスタッフを束ねることの大変さ

ネイルサロンのオーナー様とはよくお会いしますが、色々なタイプの方がいらっしゃると共に、サロンを経営するその理由も様々です。
単にビジネスとしてやる方もいれば、メインのビジネスの税金対策の方もいます。もちろん、ネイルが大好きで始める方もいます。

このブログでもよく話しをしますが、ネイルサロンの経営はやり方次第ではまだまだ稼げると思います。
ですがそれは、同時にネイル業界に参入する方が多くなるということでもあり、ネイルサロンが飽和状態になっている、ということでもあります。
そして意外かもしれませんが、経営的に黒字なのに辞めてしまう方も多いのです。

なぜかというと、ひと言で言ってしまえばメンタルが保てない、ということなのです。
そしてこれはオーナーが男性でも女性でも同じくらいの比率でいえることなのです。
いったい何が大変なのか…
これにはもちろん色々あり、まずはキャッシュフローに関する悩みがあるのですが、それよりもネイリストたちスタッフを束ねて引っ張っていくことがあまりに大変で疲れてしまうオーナーが多いのです。

自分がネイリストとして現場に第一線で入っている場合や1店舗のみの時には、割とうまく回っていたり他のネイリストとのコミュニケーションにも問題がないということが今までの経験から解っています。
ですが、オーナーと現場ネイリストという立場の違いができると、それが急に難しくなってしまうことがあります。
年内で営業終了をしたネイルサロンのオーナー様のお話を伺う機会があったのですが、とにかく次から次へと現場からの要望が続いて、そのうち半分は嫌がらせのようになってきて…という状態だったそうです。
ですので、ある程度利益は出ていたものの精神的疲労の度合いと比べると辞めた方いい、と判断したそうです。

これはオーナー様サイドの話しか聞いていないのでジャッジは難しいですが、このような話はよくあるのです。
特にオーナーがリーダーシップをとることが出来ずに、現場をスタッフに支配されているようなネイルサロンでは同じようなことが起こる可能性があり厳しいといえるでしょう。
スタッフたちの意見を聞くことももちろん大切なのですが、オーナーとして締めるところはビシッと締めていかないとダメなのです。

せっかくサロン経営を始めて、しかも黒字経営ができているのに心理的な理由で辞めざるを得ないというのは、大変勿体ないことだと思います。
とはいえメンタル的な問題というのは重要な部分でもあるので、限界に達してしまう前に何らかの方法で解決していくようにすることが重要です。

全てをひとりで抱え込まずに、問題を先送りしない

同じような状況になっているネイルサロン様にアドバイザーを派遣したことがあるのですが、今ではしっかりと立て直している所もあります。
アドバイザーが入ることによって各々の立場や役割がハッキリとして、分業体制が整ったことが良かったのだと思います。
どんなビジネスでも同じでしょうが、問題は次々に色々と起こるものです。
それらをオーナーの立場だからとひとりだけで抱え込んでは、ストレスが溜まって心理的に追い込まれてしまいます。
これでは、問題に対して正常な判断も下せなくなってしまいます。

アドバイザーや店長など、サロンの責任者である人たちと分業することで、これは避けられると思います。
そのためには、サロン内に信頼できる人の存在が必要となります。
自分のビジョンをしっかりと理解してくれて、それに向かって一緒に動いてくれるような人がいるかいないかで、この辺のこともかなり変わってくるはずです。
もし、そこまでの存在がいなかったとしても、少なくともサロンの問題などは責任者たちと
話しをしてどうするかを考えるようにすることです。
ひとりだけであれこれ思案するよりもいい解決策が見つかる可能性は断然高いといえるでしょう。

そして問題が発生した時には、焦らなければ必ず対応策はあるはずですので、問題に気づきながらもギリギリまで放置することはせずに敏速に対応することです。
オーナーとしてやらなければならないことは沢山あると思いますが、何かあった時にはやることの優先順位を変えてでも対応する、この柔軟性も必要となります。

経営者というものは、基本的にとても孤独です。
ですので、私も悩むことがあると経営者である先輩の話を聞いて、モチベーションを保つようにすることもあります。
同じ立場の誰かに話しを聞いてもらうということは、問題に直接関係のない話だとしても気分転換にはなるでしょうし、決して無駄なことではありません。
大切な話から下らない話までを、お互いにできる人を持つことも必要なことだと思います。

私もまだまだ学ぶことが多い立場ではありますが、タイミングや機会があれば沢山の方と関わってご相談にも乗らせて頂ければと考えていますので、お気軽にお問合せ下さい。
お待ちしております。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-ネイルサロン経営

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.