BLOG topics ネイルサロン経営について

赤字にならないサロンの仕組み作りをするために大切なこと

更新日:

こんにちは。

仲村和也です。

ネイルサロンをオープンして、半年たっても赤字な場合、これは必ず何かしらの問題があることは間違いないでしょう。
この問題に対してきっちりと向き合わない限り、赤字をなくすことは出来ないでしょう。最初から赤字なしでの経営ができるわけではありませんが、まずは半年をポイントにしてお店の状況を見直してみることも大切だと思います。
今回は、サロンの赤字についてのお話をしていきます。

赤字の理由と意味を考えてみる

今は昔ほどその傾向はないかもしれませんが、銀座店がある、表参道店がある、といったことで、宣伝効果やお客様の安心感に繋がったりするステイタスをつける経営戦略もあります。
これを考えて、例えばサロンが数店舗あってそのうちの1店舗などをブランディングのために一等地に出し、そこが赤字だったとしても他の店舗でそれを埋められるのであれば、これはありだと思います。

他にも新人を教育するために店舗を出す、ということもあります。この場合には、新人ネイリストたちの経験の場としてのサロンということで、値段を下げたりしてお客様の関心を引くなどの方法が必要になってくるでしょう。
もちろん、最初から新人育成のための投資と考えてそれ専門の店舗を出すというのもありですが、他の店舗数が多くて、余裕がないと厳しいかもしれません。

これらのように、基本的にその赤字に理由や明確な意味があり、トータル的にみれば利益が上がっているなら本題はありません。
また、経営全体を見た上で、将来のことを考えた投資的赤字だというのであればいいでしょう。
ちなみにマイネイルではオープンして3ヵ月でトントン、4ヵ月目からは利益が上がるようにもっていっています。
なぜこうハッキリと言い切れるかというと、そのように仕組みを作ったからです。
以前にもお話ししましたが、利益がグッと落ち込む時期、というのももちろんあります。
この場合にはその時期を見越した経営方針というものを立てれば済むことですが、そうではなくただの赤字であるなら、致命的な立地条件などでない限りは大きくいってしまえば仕組み作りが出来ていない、これだけだと思います。

厳しい状態を乗り越えて出来上がるサロンの仕組み

サロンの仕組み作りというものは、一朝一夕に出来るものではありませんし、私もこれまでに沢山苦戦してきました。
ですが、この仕組みが出来てしまえば店舗を増やすこともリアルに見えてきます。
問題はそこに辿り着くまでをどう乗り越えていくか、だと思います。

赤字の場合、資金的にはもちろんですし、メンタル的にも余裕がなくなってきてしまいます。
人間は追い込まれてしまうと、冷静な判断が出来なくなることも多いです。
赤字になるということはどこかに原因があるのですが、そこには思考がいかずに、資金をどうするか、という方向に偏ってしまう場合も少なくありません。
それで例え資金のメドが付いたとしても、その資金を再度つぎ込んだとしても、そうなった原因が解らないのですから、また赤字になってしまいます。この悪循環で結局サロンを閉めることになる、というパターンもあります。

もちろん資金も大事ですが、まずはどうして赤字なのか? ということを徹底して検証することが重要です。
お客様が入らない、リピーターが増えないというなら、サロンのある立地に対してニーズに答えているのか? 自分の店独自の売りはしっかりとあるのか? そこそこ利益を上げているのに黒字にならないなら価格設定に問題はないのか? 機材の仕入れに無駄がないのか? さらに言えば、スタッフの人数や技術力なども考えていく必要があります。

これらのことを検証して修正していくことで、赤字にならない仕組みというものが作られていくのです。
とても大変なことではありますが、この初歩作業なくしては成功は難しいので、ひとつひとつを確実にやっていくことが重要なのです。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-BLOG, topics, ネイルサロン経営について

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.