BLOG topics ネイルサロン 一般業務

ネイルサロンで気をつけるべき提供サービスのポイント

更新日:

こんにちは。

仲村和也です。

現在、ネイルサロンはどんどんと増えていますが、その分、各サロンでのお客様に対する基本的なサービスもよくなっていると思います。

ひと口にサービスといっても様々なものがあるのですが、大きく2種類に分けられると思います。
ひとつはネイルの施術以外の部分でのサービスと、もうひとつは施術に関するサービスです。
今回は、このサービスについてのお話をしていきましょう。

施術以外のサービスとして

例えば、施術中に出すドリンクサービスもひと昔前までは出すところは少なかったのですが、今では当たり前になってきていると思います。
また、観たいDVDを選べるサロンもありますし、中にはカフェメニューのようにドリンクを選べるサロンもあります。
他にもサロンによって色々と工夫を凝らしたサービスもあるようです。
ちなみにマイサロンでは温かいお茶か冷たいお茶のどちらかを選んで頂いています。

このドリンクサービスの充実やDVD観賞の提供は、お客様にとってはいいことだと思いますが、時にネイリストにとっては思っている以上に負担に感じている場合があります。
アシスタントやレセプションがいるサロンであれば問題はありませんが、基本的に大規模なサロンではない限りは、これらのサービスは担当するネイリスト自身が用意することになります。

現場にいない、さらにネイルをよく知らないオーナーにはなかなか解らないかもしれませんが、ネイリストにとっては、メニューが多いとお客様に選んで頂く時間やサービスを準備して出す時間は大変なロスになります。
ましてや施術時間の短縮を求めているならば、こういったサービスは出来るだけ簡略化するべきです。

選べるドリンクやDVDのサービスが悪いわけではありませんが、それをするのであれば、なるべく時間をかけずにサービスが提供できる仕組みを考えるべきでしょう。

施術に関するサービスでは

また、経費の面からいってもそうです。
価格帯の高いネイルサロンであれば、ある程度のサービスは必要かもしれませんが、基本的なことを言ってしまえば、決められた施術時間内にきちんとした技術のメイルを提供すること、何よりこれがいちばん大切です。

施術に関係のない他のサービスに気を取られてこの基本が出来なくなるのでは本末転倒、サービスでも何でもありません。
最近はウォーターケアをサービスで付けるサロンも増えてきました。
これもお客様にとっては嬉しいサービスだと思いますが、ネイリストにとっては手間のかかるサービスでもあります。
1度始めたサービスをなくすのは、お客様にとってはあまり印象のいいものではないので難しいと思いますから、現場スタッフとしっかりと相談する必要があるでしょう。

ネイリストへの負担が少ないサービスを考えるということも大切です。
施術中のお客様の姿勢などをリラックスできるものにしたり、サロン内の室内温度の調整というのもサービスの一環になると思います。
施術中のおしゃべりに工夫することも出来るはずです。
お客様のネイルに関する悩みなどを聞いてアドバイスをしたり、最新のネイルに関する情報や知識を伝えたりというのもいいと思います。
リピーター様などには、優先的に予約が取れるようなサービスもありかもしれません。

また、時期によってサービスの内容を変えるというのも方法です。
繁忙期にももちろんサービスは必要ですが、閑散期にはその月ならではの、繁忙期にはないサービスを提供することでお客様を増やすことに繋げていくことも出来るかもしれません。
お客様に気持ちよく、満足してもらえることが重要ではありますが、そのサービスをすることによってサロン側にも利点が出来るのであればベストでしょう。

サービスをなるべく簡略化する、ということを言いましたが、多少手間がかかっても、スムーズにサービスが出来る流れを作ることでサロン側の負担を減らすことも可能ではあります。

前述しましたが、まず基本的なネイルの技術がしっかりしていることを前提にして、どんなサービスが喜ばれるのかを知ること、そしてスタッフたちと十分な打ち合わせをする。
提供したいと思うサービスに対してかかる費用なども、きちんと計算してからスタートすることをオススメします。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-BLOG, topics, ネイルサロン 一般業務

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.