topics ネイルサロン経営について 未分類

頑張れではなく具体的に

投稿日:

こんにちは

仲村和也です

社員教育についてですが

よく2時間で施術が出来ない
店側が思っているような接客が出来ない

等々悩みはあると思いますが

皆様からの愚痴は聞きますが問題は何故出来ないのか?ここです。

もちろんマイネイルでもあります。

この時にここ解決する事は何か?

叱咤でしょうか?  今の時代努力・根性ではやり抜く事は難しいと思います

私個人は好きですが・・・・基本的に頑張れ!!お前なら出来る!!思えばいける

では正直会社は倒産します。

そんなんで出来たら苦労はしないし出来るスタッフはもう独立してあなたの店からいなくなるかもしれません

ポイントは出来ないところをピンポイントで教える。

これです。

もっというなら誰でも出来る具体的なマニュアルが必要という事です。

例えば出来ない事があった場合に

これは出来たかな?
じゃあこれは?
あっやってない、じゃあこれやろうか?
出来ないのならそもそもの仕組みが無理なんだね
変えようか?

という具合です。

叱咤ではなく「作業」にしなければ組織は出来ないという事です。

作業=具体的という事がポイントです。

ですから頑張るのはしっかりとやるための作業が明確になった状態でそれを頑張れ!!
ならありという事です

ここまで出来れば叱咤という事はなくこのスタッフが出来ない理由が明確になります
そもそも出来ない仕組みなのか?このスタッフだから出来ない仕組みなのか?
という事です。

ここがわからずに気持ちの感情だけをぶつけても意味がなく逆効果です。
ですからまずは頑張れよりも

頑張る仕組み=ルールを作る事が大切です

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-topics, ネイルサロン経営について, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.