BLOG topics ネイルサロン経営について 未分類

個人サロンと店舗サロンは大きく違う

投稿日:

こんにちは

仲村和也です

最近多い問い合わせはネイリストオーナー様からの店舗展開の相談です。

今まで現場に入っていたが現場から抜けたい
個人店から店舗展開をしたい

というような意見が多いです

まずこのように思っている方にお伝えしますが今までのビジネス形態とは大きく異なるとお伝えします

一番大きいのはその方が一番集客力もあり柱になっている場合その柱が抜けて一気に売り上げが下がる場合があるという事です

これは今まで色々なサロン様のご相談の中でも多かったご相談です。

いつも分業制といっていますが
誰かに任せるという事はそこまで楽な事ではありません

まず上手く伝わらない事が多いです。

むしろ伝わらない事が多いでしょう

しかしずっと自分が現場に入り続ける事が出来るという保証もありません。

そして経営的にも自分がいないサロンのマネージメントをどのようにすればいいのか?という問題も出てきます

毎日売上をどのように管理したらいいのか?
お金の管理はどうすれば?

今まで一人でやってきた事でも誰かに任せるとなりますと厳しくなります

極論ネイル以外の仕事が一気に増えるという事です。

今までコンサルをさせて頂いて技術は本当にあるし仕事に対する野心もある方と沢山いましたが
それが必ずしも事業の成功を裏付けるものではないという事です

一度仕組みを作ればそこまで問題ないですが安易に考えていると意外と失敗する事が多いです。

ですから別物と思った方がいいです。

ネイリストオーナーが中心となり売上・経営を支えている場合まず次の店舗を出す場合
自分の右腕は少なくても作っておくといいです。

ですのでもう店舗展開をやる事が決まっているのなら早く自分が抜けてもいい右腕を作る事です。
そして自分が抜けても大丈夫な仕組みを作る事です。

それは1店舗からやればやるほど2店舗のリスクは無くなります

せめて売上・お金の管理が自分がいなくても大丈夫のように仕組みを作って下さい

後経営のブレーンも作っておく事

スタッフとの契約書の作成管理はどうでしょうか?

会社のキャッシュフローは大丈夫でしょうか?

そのあたりもとても大切になりますので注意して下さい

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-BLOG, topics, ネイルサロン経営について, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.