未分類

Consalista原田の思いつきの話

投稿日:

こんにちは、Consalista原田です。

今回は、私思ったことをくったくなく書かせていただきます。

とりあえずサロンがうまくいっていない場合にありがちなことですが

メルマガでも話しましたが

お店の弱点をオーナーが間違って認識しているケースです。

そしてその逆も、何故売上があがるのか何故リピートしているのかに気づいていないパターン。

この場合、今はよくてもいづれ取り返しのつかないことになります。

 

そして、「技術」だけでどうにかしようとしているパターン。

これも厳しい。

経営としてうまくいく方法ならば

技術が一流ならそのほか全てを一流にしないと通じません。

技術が二流ならそのほかを二流にしないと通じません。

 

一流がえらくて二流が偉いわけではないです。

 

こと「経営」においては利益出せる方が偉いのです。

 

ネイリストオーナーになった場合、技術は一流ですがその他二流になってしまう場合が

多い。とくにこれはもったいないとさえ思います。

一番は価格設定でのミス。

 

一流であればあるほど、価格が低い。

 

もちろんいいものを安くするというのは、一つの手法です。

でも言いものを伝えることを忘れて「体感」してもらおうとする。

 

伝わりませんよ、技術は。

 

もちろん技術とともに死ねるっていう気概の職人ならば

いいのですが、自分の腕で食っていくのならば間違ってもそこに頼らないことです。

 

というかサービスを提供するサロンで、その価値が低いとかは話になりませんが・・・

 

一連の思ったことは置いといて

おそらくこのサイトの会員登録してくれている方は小規模店舗(1-5店舗程度のオーナー、ネイリストオーナー)が多いと思います。

技術的には1000円ネイルのネイリストより自分のがうまいわ!っていう人が多いでしょう。

 

では、何故、売上が1000円ネイルに負けてしまうのか。

この理由が明確に答えられたら十分です(笑)このサイトを見る時間が惜しいので今すぐ仕事に取り掛かりましょう!

80%でも答えられたら言うことありません、おそらくあなたのサロンは売上いいと思います。

もし立っていないのなら、多分思っていることをやっていないだけでしょう。

 

回答の中で

単価が安いので集客数で負けているため

回転数が早いので数打って利益を得ている

人材がおおいので多く回せる

資金がおおいので広告費に回せる

 

これらの回答は全て外れ、40点です。

 

回答を書くとめっちゃ長くなるのでかいつまんでお話しますと

このサロンはネイルサロン以外の所で収益をあげて尚且つ仕組み化しているからです。

 

どことは言いませんけど、完全な「戦略勝ち」です。

しかもこれ20年以上前の経営戦略で「コンビニエンス的集中型経営戦略」といいます。

ちなみにこの戦略の一つに「フランチャイズ」があります。

一昔前の経営戦略です。

 

何が言いたいかというと、こんな古臭い経営戦略だけで

一気に駆け上がれるほど今のネイルサロン業界はゆるいということです。

 

これは、ほんのちょっとのテコ入れで収益が爆発させれる状況にあるということです。

 

私たち日本人は、ここ30年あまりのビジネスの変化を見てきています。

だからこそ、フランチャイズ=良質の図式で思っているお客様はいないでしょう。

行ったこともないのにそんな気分になってしまうのです。

 

経営の最初のステップは

「○○そうであること」

です。

必ずしも

「○○であること」

ではないです。

 

ほんとうはいい人だけど悪そう

ほんとうは悪人だけどいい人そう

 

この二者間は下の方が最初の印象はいいですよね?

もちろん付き合っていけばわかることですが。。。。

 

でもお客様は待ってくれません、何回もきたらわかるから、ではもう来てくれません。

 

ちゃんとあなたのお店は、伝わるような仕掛けはしていますか??

 

駄文なのでこの辺で(笑)

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.