マーケティング 未分類

ネイルサロン と リラクゼーション

投稿日:

昨日は友人の紹介で
リラクゼーションサロンのオーナー様と色々と情報交換をさせていただきました。
千葉を中心に4店舗年内に更に3店舗程考えているようでとても勢いがありました。
ただこの業界も今かなり激しいようでつぶれているかギリギリのラインで
やっているサロンがとても多いとの事。オーナーが現場から離れられないところがほとんど
と言ってました。
前からよく言われるのがネイルとこのリフレ業界の現状共通点が結構あります。

例えば
・価格破壊

ネイルもそうですがつい10年前はもう誰がやってもお客様がくるような
もう入れ食い状態だったそうです。
本当に笑いが止まらないと言ってました。
でも今は60分2980円。うちのサロンで平均6000円ですから結局同じです。
これが今のところ業界の最安値でありこの価格が基準になりつつあるそうです。
売り上げも170万~200万程。ただこのグループはイオンやイトーヨーカ堂のような商業施設
ですからホットペッパーのような宣伝費はかかっていません。
・人手不足

業界全体が今そうらしくその方の店もギリギリの状態と言っていました。
やはり労働条件も結構過酷で1日5~6人ほどをこなすので施術するほうもかなりの体力
を使うので続かない方も多いとの事でした。
そのオーナーももう40歳手前でしたが体力的に現場は厳しいと言っていました。
まだまだありましたがこの2点は類似してます。
そして会社の利益をあげるために店舗展開をして自分が抜けて今はマネージメントに専念して
いました。
結局リフレも当たり前の事をやっているところが強いとの事
施術と接客そして仕組み作りだとも言ってました。
大変な時もあったようですがその時に現場に入らず逆に店舗拡大を仕掛け仕組み作り
をした事が良かったようです。
融資も受けたようですがそれも前もって準備していたようです。
このように時代は変わります。

特に価格破壊がおきた時それは業界の飽和であります。

ですからその時に自分のしたいビジネスにするためどのような戦略にするか?
を常に考える必要があるようです。
今日も最後迄ありがとうございました

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.