マーケティング 未分類

ブルーオーシャンとレッドオーシャン

投稿日:

最近マーケティングの勉強をしていますのでちょっと難しくなるかもしれませんが
戦略の話。
今興味ない方も頭の片隅に是非是非。
ブルーオーシャンとレッドオーシャンいう言葉があります。
これは簡単にいいますと
ブルーオーシャンは未開拓地域や未開拓なマーケティング
レッドオーシャンはそれの逆です。
楽をしてしっかり利益をあげていきたければこのブルーオーシャンを抑えればいいわけです。
難しそうに見えますが町中このブルーオーシャンで成功した会社はあふれていますので
街にいけば参考になると思います。
このブルーオーシャンを制すれば極論店を出すタイミングが
実はあまり関係がなくなる場合もあります。
このブルーオーシャンの基準は沢山ありますが
例えば
時間・便利ではコンビニエンスや1000円カット
デザインならアップル(PCのデザイン)
提供方法でジャパネット(電化製品の金利手数料無料通販)
など今までなかったマーケットをとったわけです。
ではネイルサロンでは

マイネイルが出しているところは完全にレッドオーシャン。
もうすぐ食べたれてしまいます。
でも昨日も書きましたがそこにブルーオーシャンがあるのです。
それが価格と接客。

こんな感じです。
これがなかったら今のマイネイルはありません。
ただ今の時代は早さ・安さを世間は求めています。
よほどの何かがないとここに逆境してのビジネスは注意です。

 

ネイリストオーナーが例えば1人でやるのならそれこそ
「場所」のブルーオーシャンがお勧めです。

そこまで集客がなくてもいけるので「場所」がポイント。
静岡にアイリストの友人がいるのですが自宅で住宅地で口コミのみで店が
なりたっています。単価も高いので生活は全然なりたっています
それはそこが完全にブルーオーシャンだからです。

 

ちなみにブルーオーシャンでもいつかはレッドオーシャンになります。
今のネイルサロンがまさにそうです。

だからオーナーは常にそこにアンテナを張る事をお勧めします。
現場に頑張れというのも大切ですがオーナーがこのブルーオーシャンを探した方が
きっと現場も楽ですし売り上げもあがります。

 

本日も最後までありがとうございました
これからも皆様からのメッセージ、コメント気軽にお待ちしております!!

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.