未分類 求人について

求人方法について~最近の傾向

投稿日:

池袋店、銀座店のスタッフを増やすため昨日はアドバイザーが5人面接を行いました
今日も新しい方3人と面接です。

今ではサロンで面接をやっていますが2年前は喫茶店でやっていました。
これは個人の価値観にもよると思いますが
店舗は大きくなったり保障がつくと求人に来る方が多くなります。
これも多店舗のメリットでもあります
やはり働く以上安定を求める傾向にあるようです。
特に30代近い方やそれ以上の場合は経験上そこを見ている方が多いです。
もちろん逆にオープン店がよくてそこをねらっている方もいるので一概には言えませんが
統計的にはやはり保障は強いです。
今からサロンをやる方に面接をどこでやったらいいですか?とよく聞かれるのですが
僕は当初喫茶店でやってました。
ネイルもした事がないので最初は何を聞いていいのかわからず本当に苦労しましたが
一番苦労したのは求人方法です。
どこで誰を探せばいいのか?わからないのです。

 

そこで一番初めに使った求人はmixiです。
しかし無料のサイトのため中々思うようにいかず毎日トピックをあげてやってました。
でもそのmixiから2名が来てくれたのを覚えています。
後は友人の紹介が2名
無料求人サイトのNQから1名ですね
ちなみに今は有料サイトの「リジョブ」というサイトをマイネイルは活用しております。
今のところはここが一番求人にはいいのではないかと思います。
ただ求人も沢山方法はあり
横浜の関内でネイルサロンをやっているフローラのオーナーとは友人ですが
そこは地方のネイルサロンの学校と提携を組んでるらしく

何故できたの?と聞いたらたまたま向こうから連絡きて受け入れをしているとの事。

こんな事もあるんです
無料でネイリストがとれるのだからいいですね
これが形になればここでしっかり育成してその方を紹介するビジネスも後に出来ると思います。
結局求人方法はなんでもいいですが
まずネイルサロンを始める方は沢山の方にアプローチして面接をするといいと思います。
数を打つと段々わかってきます。
ただ特に男性オーナーは技術面、デザイン等がわからないと思うので最初はデザインが
わかるような方に確認してもらうといいと思います。

 

何がよくて何が悪いか?もわからないと思いますので。
ここはわからない方の価値観できくのは危険ですので
必ず最終の技術確認でいいので出来る方にみてもらって下さい。
求人媒体を探し
面接をやり(とにかく最初は数を打つこと)
最終確認は技術者に確認してもらうといいです。

 

本日も最後までありがとうございました
これからも皆様からのメッセージ、コメント気軽にお待ちしいおります!!

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-未分類, 求人について

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.