マーケティング 未分類

繁忙期にむけてオーナーが準備する事

投稿日:

本日は朝から税理士さんと打ち合わせ

その後は銀座店の契約で色々バタバタする日になりそうです
個人から法人になり新しい物件契約と何かと契約書類が多くなります
今出店ラッシュですが残念ながらある程度地域の店舗のパイは決まっており
増えても増えても最近は店の数が均一です

その分閉めている店舗も多いのです
だからしっかり計画を立ててやる事をお勧めします。
最近は開業に関する事ばかり書いていましたが今サロンをやっている方もこれからやる方も
しっかり意識して欲しいのは年間のスケジュールです。

例えばネイルサロンで一番売り上げが上がる時期は
これから
5月~9月です。
その後は12月になります。
これをみるとこの夏にどう仕掛けるか?をちゃんと考える必要があります。

 

例えば一番基本的で大切な事
それはスタッフの数です。
スタッフがいないと始まりません。
万が一夏場にいきなり辞めてしまったりもしくはいきなりいなくなってしまったり・・・・
ありえる事なのです。

ですからコミュニケーションも準備の一つ。
最近現場スタッフと意思疎通がとれていない

何かおかしいと思ったらやはりおかしいのです。
だからこのような信号をなあなあにしない事。
もちろんこれはいつでもやる事ですがより意識する事です。
オーナーは意外とこの内面といいますか目に見えない準備を怠ります

所詮オーナーは現場に入らないかぎり現場の事を100%理解できる事はできません
ですから知ったふりをして適当に現場の事をやるよりもこのような内面の準備に力を注ぐ事を
お勧めします。

ちまたにあるテクニック的なノウハウも大切ですがそれを現場に言っても嫌われるのがオチです。
そんな事は意識の高いネイリストなら自分で考えもう実践しています
もちろんもハード面も大切ですがここは各々の内面がしっかりしていれば

そろえる備品やフォーマットなど数日間で片付きます。

なにはともあれ夏にむけ今からしっかり体制を整える事をお勧めします
オーナーはしっかり年間計画や販促なども考える必要もあります
長くなるのでここは抜粋しますが宣伝もそうです。
繁忙期・閑散期では宣伝のかけかたも変えていく必要があります。
特に初年度はいいかもしれませんが数年経ったサロンは必要になると思います

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.