未分類 社員教育

面接内容について~何を聞いたらよいか?

投稿日:

この時期はいよいよ面接の時期に入ります

箱を決め

サロン名をきめ

各業者に会い

いよいよこれから採用にはいります
まだ面接になれていないオーナーさんもいるので最初は
マイネイルのアドバイザーが一緒に入り面接のフォローに入ります
ここでネイルサロンでの面接のコツを覚えてもらうわけです。
そこで内容ですがうちではこんな事を聞きます
応募者へ聞くこととして、
・週何回、何時間働けるか。
・残業はできるか。
・通勤時間。
・今までの職歴・経験。(前職を辞めた理由)
・働くことにご家族は理解してくれているのか。
・子供がいた場合、日中はお子さんはどうされる予定なのか。もし、お子さん関係で急な用事がで きた場合どうする考えなのか。
・ネイリストとして将来どうしていきたいか。
・周りの人。家族、友人、同僚、先輩にどんな人間といわれることが多いか。(性格を教えてくだ さいと言ってもなかなか本当の事が引き出せないのでこういう聞き方をしています。)
を聞きます
とてもシンプルな内容ですが回数を重ねてきますと大体この位でわかります
ちなみに僕はもうアドバイザーか店長にまかせています。
やはり基本的に現場にいませんのでここも任せた方がいいのです。

後はこちらの説明になります。
・時給(試用期間含め、どんな時に昇給していくかなど)
・シフト
・未経験の場合(研修の流れ)
・交通費
・各種保険について
・会社の展望
について話します。
ここでポイントはこの時点ではまだ人間性などもわからないのであなたにはいくら払う
と明確に伝えてしまうとトラブルになりやすいので

 

経験者には試用期間いくら
未経験には研修期間いくら
と伝えます。もちろん研修期間だからといって無給では問題なのでここも提示します。
最初面接になれていない方はこのように流れを抑えて話すといいと思います
でも一番大切なのは「自信」です。
今は何もなくていいです。でもこれからうちはこうなる!!と強い自信が一番大切です

本日も最後までありがとうございました
これからも皆様からのメッセージ、コメント気軽にお待ちしいおります!!

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-未分類, 社員教育

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.