オーナーについて 未分類

オーナーとしてスタッフを採用する時の注意点

投稿日:

昨日は大阪での懇親会・セミナーの告知をさせていただいたところ
数人の方からすぐご連絡がありました。
いつもブログを見てくれているようで本当に感謝です。
同じ立場での同業者の人脈がいる事は本当に心強いです。
ご興味ある方はお待ちしております。
さあ昨日はセミナーもありましたが4月に出店を目指しているオーナー様と打ち合わせ
今は出店場所も決まり
サロン出店に必要な全ての業者と打ち合わせが始まったところです。
実はここまでは結構スムーズにきます。
オーナー個人の動きだけで大丈夫だからです。
問題はここから。

 

いよいよ人の採用です。
出店サポートもここからです。

 

マイネイルも当初はこの人にとても苦労しました。

 

美容業界に全く縁がない人間ですと中々優秀な人材も集まりにくく
スタートは今の総店長の染谷店長がネイリスト暦2年の後の2年のブランク後入社
そして残り5人は全て未経験というところからのスタート・・・
ヘルプできてくれた友人ネイリストも苦笑いの状態でした
そしてスタート前に2人が辞める事態・・
そのうち1名は会社がまだ小さい事、私がこの業界に全く無知な事
もあり先々の不安で辞めてしまった事もありました
このように人が絡むと予期せぬ事が多くとても大変になります。
でも今ではおかげさまでこのネイル事業で法人化し社会保険もいよいよつけられ
春には新店舗もスタートできるようになりました。
数人の未経験ばかりの店がスタッフ20人近くまでなります。

本当の現場スタッフに感謝。

 

ここでなぜここまでいけたかといいますと
僕のやってきた仕事は常に現場のスタッフに公言してきたからです。
1番大切なのは

この店、会社がこうなるとしっかり方向をスタッフに伝える事です。
これは今いるスタッフもそうですがこれから入るスタッフの面接の時もです。
最初は人がいないから結構お願いモードもなりますがここは逆に自信満々でいくべきです。

 

これは凄く簡単な事で
例えばネイリストがお客様にデザインを薦める時に良かったらどうですか・・・?

より今私が1番の一押しはこれで○○さんにもきっといいと思います!!
みたいに自信をもって誘導してくれる方が相手は安心するのです。
僕らオーナーからみるとちょっと違いますがお客様に接客はできない分自信をもって
かわりにスタッフを誘導する必要があります。
ポイントはここなんです。
そのためにはオーナーとしてただ稼ぎたいな~ではなく
目的・目標を決め明確にしてしっかりそれをネイリストに伝える事
うちで働いてくれたらこうこうなるよ!!みたいな感じです。
そして自分の考え思い戦略に賛同してくれる方を入れればいいのです。
別に熱く言う必要はありません。淡々と明確に。

 
逆にこれが良い覚悟になります。
そのうち人が多くなるとオーナーは採用から外れます。
店長が採用していくわけでやはり会社に対する思いはオーナーよりは薄れます。
だからトップであるオーナーの軸は常に明確に
オーナーより軸がある人間は基本的に現場にはいませんからまずは
トップがしっかりとした軸をもち自信を持つことが大切だと思います。

 
本日も最後までありがとうございました
これからも皆様からのメッセージ、コメントお待ちしいおります

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.