オーナーについて 未分類

ネイルサロン 開業の手続き

投稿日:

ネイルサロンを開業するにあたり
よく聞かれるのは開業もための手続き方法です。

基本的に開業に関して特に難しい手続きはありません。

特にネイリストが1人でやるオーナー兼ネイルサロンなら尚更です。

それこそ宣伝は馴染みのお客様に口コミやブログ等で集客しているところも多いですから
明日からでも出来るレベルです。

開業する際に手続きが必要になるのは

人を雇う時です。

最低条件に労働保険と雇用保険があります。
これは必須です。

ネイルサロンにはそれ専用の手続きはないのです。

例えば美容室ですと管理美容師の免許がないとダメですし
まつげエクステですとそこまでいかないにしても美容師免許がないと施術はできません。

不思議とネイリストはないのです・・・

ある意味国がタッチしていないのが現状です。
これはあくまでも僕の個人的意見ですが多少ハードルがあがると思いますが
ネイリストも国家資格にした方が地位はあがると思うのですが・・・
まあ何かあるのか?それとも考えていないだけなのか?そこはわかりませんが・・

話は戻り

ですからまず人を雇う時に
個人事業としていくか?法人としていくか?によって違ってきます。

ただ始めての事業でのネイルサロンの場合まずは個人事業で大丈夫だと思います

その場合は税務署に行き事業者登録をすれば大丈夫です。簡単な手続きです。
その後はハローワークや労働局に行き労働保険・雇用保険の事業者登録でもう大丈夫です。

基本的に税金を払うための手続きは非常に簡単ですぐ教えてくれますが

助成金をもらうような手続きはあたりまえですがややこしいです。

今となっては税理士さんや労務士さんにお任せですが当初は自分でやりましたので
色々とハローワークや労働局に行ったのを覚えております。

もしかしたら今日ブログで書いた内容が多少違う事があるかもしれませんが

始めて開業される方は

税務署の後労働局とハローワークに行けば丁寧に教えてくれます。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.