未分類 社員教育

ミーティングについて 初期→2店舗

投稿日:

今回の雪も大きな問題がなく終わりほっとしました。

でも台風やこの雪ですが意外とやっかいです。

マイネイルの場合実はスタッフはホテル泊まりの場合が多いです。
これは会社から支給です。(ただ申し訳ありませんがみんなで一部屋ですが・・・)

例えば夕方から大雪でまだお客様がいて帰るタイミングを逃してしまった時
朝から大雪警報や台風で出勤困難な時は前のり

できれば1人1人タクシーで帰したいのですが中々つかまらない事とやはりそちらのほうが
経費がかかるのでみんなで話あった結果
うちはホテルをとりみんなで泊まるようにしてもらいます。
(もちろん強制ではありません)

でもどうあれこの天候は結構大きな打撃になります。

話は変わりマイネイルは月に一度両店共にミーティングをしています。

基本的な内容は
店長もしくはアドバイザーが指揮をとり近況報告とその月に目立っている方にその発表

例えば施術が良ければそのシェア、物販が良ければその具体的なトーク

後は各々は好きなサロンに行き自分で色々と技術や情報をシェアします。
その後はチップ製作。

基本的には問題定義を出して討論するよりは良いところを発表するようにしています

売り上げをどうしたらあげるか?など突っ込んだ話はアドバイザーや店長のみで少人数で
やるようにしています。

このようにオーナーがどこかで情報を仕入れてそのまま仕組みにするのもとても大切ですが
それとは並行にやはり各々でも考え行動してもらう事も大切です。

ちなみにオーナーは会社から何か伝達事項がある時意外は
行ける時は行きますが今はアドバイザーか店長に内容の事前報告と終了後に報告してもらっています。

だた初期スタートの時は今よりもっと仕組みがないですし立ち上げで必死だったので
あまり形式にこだわってはいません。

オープン3ヶ月前そして3ヵ月後をどう乗り切るか?

オーナーは会社の数値
ネイリストは施術時間の短縮やとにかく小さい問題が多くミーティングというよりは
その都度その都度やっていました

その時のトラブルが今の会社のマニュアルとなり
形式になりました。

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-未分類, 社員教育

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.