マーケティング 未分類

たらればでの出店地域の危険性

投稿日:

サロンを出す場合の出店場所ですが
この出す地域で注意するのが
ここなら来るかも~といったマーケティングです。
特にネイルサロンのオーナーではない場合は危険です。
ネイリストが自宅権サロンや個人オーナーでやるならいいとは思いますが
現場にいないオーナーの場合は相当厳しい事になる場合があります。
簡単に考えても・・・
例えばネイリストを
2人、人件費で約40万
家賃10万でも最低かかる経費で50万
一人客単化5000円で50万稼ぐのは100人
22日勤務で1日5人位はお客様に来ていただかないと厳しいわけです。
ちなみにもちろん家賃・人件費以外に材料コストやその他諸々考えますと月に150人
位きていただかないと多分経営として成り立ちません。
この150人でも利益無しです。この150人以上の集客簡単なようで難しいです。

 

もちろん素敵なデザインを出来るとか
カリスマネイリストとか
ここでしかできないネイルが出来るとか・・・
何かあればいいと思いますが
マイネイルのようなまずは「王道のネイルサロン」の場合来ていただかないと話しになりません。
特に今まで美容関係ではなかったり、この業界が始めてなら

 

この出店も大切なポイントの一つです。

 

だからここはもしかしたらくるかも~とかこの町が好きだからではなく
しっかりデーターで出された方が確立はあがります。
そのデーターも最近日々日々変わってきてますので店をだす際は注意です。

 

ちなみにネイルサロン激戦区はいつも書かせていただきますが
渋谷・銀座・新宿・池袋です
ここは常にクーポン系のPV数は高いですね。

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.