オーナーについて 未分類

美容業界でのオーナーのポジション

投稿日:

今ではおかげさまで経営をさせていただいてますが
この美容業界から考えますとまだまだ若輩者です。もうすぐ3年目ですから・・・・
ネイリストもそうでしょうが美容師など5年もしくは10年が当たり前の世界に比べて
本当にまだまだです。
だからこそどこよりも考え研究をする必要があると思っております。
でも結局はこの業界に5年や10年いる方にはこの業界のルールといいますか
経験の無いオーナーは勝る事は出来ません。
でも稼ぐ事、経済的に豊かにする事においては経営者の仕事です。

 

オーナーはこのポジションを理解する必要があります。
オーナーは仕組みをつくり自分とスタッフの経済を豊かにして企業としての仕組み作り
店長は売り上げやスタッフ教育
スタッフはお客様が満足いく接客や施術。
簡単に書きますとこんな感じです。
だから別に美容業界に長くいる必要もなくそれならば美容業界に長くいる方を引っ張ってきて
力を借りる方が早いです。

 

すごいベテランを引き抜く事に尻込みをする必要はありません。
自分は美容経験ないから・・・・など思う必要ないです。分野が全く違うからです。

 

僕もアドバイザーの接客や店長のネイルに対しては全く歯が立ちません。多分一生無理でしょう
でも経営、どうしたらみんなが豊かになれるか?この仕組みに関しては今いる現場の
誰よりも勝ると思います。

 

そこが仕事だからです。
それができなければ僕のポジションはありません。
だから美容業界に今まで全く縁がない方でも全くひるむ事はありません。
どれだけ自分に自信を持ち優秀な方と仕事をするか?ここで決まると思います。

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.