マーケティング 未分類

価格帯にあった箱を意識する

投稿日:

最近の質問で内装にどのくらいの費用をかけた方がいいのか?と聞かれました
この内装費ですが店のコンセプトによっても異なります。
例えば平均単価が10000円を狙いたいお店と5000円ではやはり異なります。
10000円もらうならやはりチープな内容よりはお金をかけ高級感をだした方がいいのです。

だから自分がどのようなお店にしていきたいか?
ここにつきると思います。

うちのマイネイルは今では平均単価6000円を超えてきましたが当初は5000円ちょっとでした
内装も安いものを使っていましたが今は少しづつですがお金をかけたりしています。
最初から内装にあまりお金をかけたくないという方にオススメのポイントとしては
うちを例にしますと

 

①とにかく清潔にする。

お金をかけずに一番できる方法です。
内装がチープでもいつも綺麗にしておく事でかなり好感度はあがります。見ている方はみています。
いくら有名店になっても店内が粉まみれのような状態ですと評価がぐんと下がってしまいます。

 

②季節にあわせて内装をかえる

壁紙にはるシールのようなものがあります。それをはったり
オシャレな張り変えができる壁紙を季節によって変えたりする事

 

③オシャレな小物を用意する

例えば施術中にお客様の身につけている指輪などをいれるケースや受付のところにさりげなく
置いてある小物など、センスがよく少し高そうな物を用意するだけでかなり印象はかわります

 

等など色々ありますがまずは

店のレベルにあわせた内装。

できる事からやる。
特にお金のかからない事は即実行ですね

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-マーケティング, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.