オーナーについて 未分類

ネイルサロンでの役割分担

投稿日:

サロン経営でオーナー兼ネイリストが一番いいとは思いますが僕みたいに全くの素人がやる場合役割分担を決めないと厳しいです。

以前ご相談にのった方で30代のサラリーマンの男性がいました

その方はある程度貯蓄があり何か起業したいと思っていたらしく僕にサロンの相談をされました。

しかし僕はその時は反対しました。 何故かというとサロンを安易に考えていましたし、その方が仕組みを作るのが厳しそうだったので。

まずネイルの知識が全くない、特に男性がそこそこのネイリストを集めてオープンしてもまず上手くいかないのです。

お小遣い程度でやるならいいでしょうがそれだと安定したお給料を払うのも難しいでしょうし、オーナー業とは中々いかないと思います。

基本オーナーがいない場合オーナーと密接にコミュニケーションがとれている店を任せる事ができる店長クラスがいないと雇われているネイリストのモチベーションを上げるのは難しいのです。

オーナーと信頼関係がある方がいないと難しいのです。

オーナーがお店にいなければある意味ネイリストから見れば自由な空間です。わざわざ大変な思いまでして売上をあげようとは思わないのです。

でも経営者ならどの業種も当てはまるとは思いますが、、、

それでは僕がどのような構成でやっているか?また書かせていただきます

 

 

 

無料相談お問い合わせフォーム

ネイルサロンの開業についてわからないこと悩んでいることがありましたら、下記、無料相談お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

-オーナーについて, 未分類

Copyright© Conalista | ネイルサロン経営・開業コンサルティング , 2018 AllRights Reserved.